Apple、さらに安くなった9.7インチ型iPadを2018年に発売か

IPad Pro 10 5inch Review 33

Appleは、さらに安くなった9.7インチ型iPadを2018年に発売する、とDigitimesが報じている。

価格は259ドル程度になると見られ、329ドル(日本では37,800円)で販売されている9.7インチ型「iPad (第5世代)」をさらに下回る価格帯になると伝えられている。

より安価なモデルで低価格帯タブレット市場を狙う?!

Appleは今年3月に9.7インチ型「iPad (第5世代)」を発表した。スペックなどを比較すると、「iPad Air 2」の代わりとして登場したような印象を受ける。

iPad Pro」よりも安価なモデルとして投入した9.7インチ型iPadだが、さらに値下げしたモデルを投入する理由は一体何なのか。

MacRumorsはそもそも9.7インチ型iPadが売れている可能性を指摘している。

Appleの2017年度第3四半期(2017年4月〜6月期)の決算によると、iPadの販売台数は114万2400台で昨年同時期比で15%増だったが、売上は2%増だったことを理由として挙げている。

2018年は2017年発売が見送られた「HomePod」の発売が決定しているが、他にも「iPhone SE」の後継モデルの登場が噂されている。9.7インチ型iPadの新モデルが登場するとなれば、来年3月にはスペシャルイベントが開催されるかもしれない。

Apple新学期を始めようキャンペーン