新型「iPad」と「iPad mini 5」、登場間近かーー6種類のモデルがEECに登録

Henry ascroft 1062688 unsplash ipad and airpods

ユーラシア経済連合(Eurasian Economic Commission)に提出された資料によると、Appleが新型iPadと見られるデバイスを6種類申請していたことをMySmartPriceが発見した。

登録情報によると、申請されたデバイスIDは「A2123」「A2124」「A2153」「A2154」「A2133」「A2152」の6種類いずれも「iOS 12」が動作していることが確認できているが、それ以外の詳細については読み取ることができない。

New ipads on eec 1

New ipads on eec 2

ただし、これまでに登場が噂されているiOSデバイスで、直近数ヶ月以内に登場する可能性があることを考えるとiPadである可能性は非常に高い

10.5インチ型「iPad」と待望の新型「iPad mini」である可能性

昨年末からこれまでにかけて「iPad」および「iPad mini」の新モデルに関する噂は度々報じられてきた。

Ming-Chi Kuo氏は2018年10月、強化されたプロセッサと低価格のディスプレイパネルを搭載した新型「iPad mini2019年春までに発表されると予想していた。

その後、台湾の経済誌『工商時報』が7.9型「iPad mini」の新モデルを2019年に発表すると報じ、新型9.7インチ型「iPad」は次期モデルで10インチ以上のディスプレイを搭載すると伝えていた。次期「iPad mini」は2018年12月下旬から出荷が開始されているとの情報もある。

Digitimesは今月半ばにタッチスクリーンのサプライヤーが今後数ヶ月以内に発表される「iPad mini 4」の後継モデルおよび9.7インチ型「iPad」の後継モデルに向けて部品の調達を行っていると報じていた。

「iPad mini」の後継モデルを待ち望む声は多い。個人的に気になっているのは「Apple Pencil」に対応するかどうか。「Smart Keyboard」は「iPad」自体が対応していないため対応しない可能性の方が高いが、「Apple Pencil」は可能性がゼロではない。もし実現したら、バカ売れするだろうなあ。

Appleは2018年3月28日に「iPad (第6世代)」を正式発表。今年も3月頃に何かしら動きがあるかもしれない。

追記】「iOS 12.2」のベータ版からも新型iPadだけではなく新しい「iPod touch」を示唆する情報が発見されている。詳細は下記からどうぞ!