M2 iPad Proの独自機能「Apple Pencilによるポイント」とは何か

一言で言うと「Apple Pencilでディスプレイに触れずにホバーしながら操作できる機能」

Apple Pencil Hover Feature

M2チップを搭載したiPad Pro(2022)は、独自の新機能「Apple Pencilによるポイント」に対応する。Apple Pencilでディスプレイに触れずにホバーしながら操作できる機能で、Apple Pencilを利用した操作性の向上が期待できる。

Appleによると、最大12mm離れたApple Pencilのペン先から発せられる電磁信号を、M2 iPad Proのディスプレイが検知M2が即座に信号を解析し、Apple Pencilの位置を3次元で特定するという。

画面上で操作する前に、操作が反映される場所が視覚的に分かる

ユーザーはマークをつける前にマークのプレビューを画面上で見ることができるため、イラストやスケッチの作成精度が高まるだろう。またスクリブルでApple Pencilを画面に近づけると、テキストフィールドが自動的に大きくなり、手書き文字がより速くテキストに変換される仕組みも備わっている。

「Apple Pencilによるポイント」は一見地味そうな機能だが、一度使ったら「無い生活なんて考えられない」機能になる予感がする。

M2 iPad Proはマイナーアップデートだ。旧モデルを数年間使い続けており買い替え予定だった人でなければ、焦って買い換えるべき機種ではないだろう。1、2年前のモデルを所有しており、「Apple Pencilによるポイント」のために買い換えるのはあまりにも勿体ないが、実機を触ったら欲しくなってしまうかもしれない。

もっと読む

12本の記事を表示する

関連キーワード
公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:645631)

    ちょっと前のAndroid機種によくあった「まだタッチしてねぇのに反応しやがる」的なイラっとするやつをイメージしてしまう。

「iPad Pro」新着記事
トレンド検索