Apple、「iPad Pro」のUSB-Cに関する仕様解説ページを公開

Using USBC with new ipadpro

iPad Pro 2018」に搭載されているポートがLightningからUSB-Cに変更されたことに伴い、Appleは利用できるUSB-Cデバイスに関するサポートページ「新しい iPad Pro の USB-C ポートで充電および接続する」を公開した。

「LG UltraFine 5K Display」の出力には非対応

サポートページによると、「iPad Pro 2018」はDisplayPortプロトコルを採用し、最大解像度として5KまでのUSB-Cディスプレイの接続に対応しているが、「LG UltraFine 5K Display」などの「Thunderbolt 3」ディスプレイには対応していないとのこと。出力するためには「Thunderbolt 3(USB-C)ケーブル(0.8 m)」や「Belkin USB-C to USB-C Cable(USB 3.1)」の利用を推奨している。

また、「iPad Pro」は「HDR10」規格を採用したハイダイナミックレンジのUSB-Cディスプレイもサポート。SDRモードとHDRモードは「設定」>「画面表示と明るさ」から変更可能。

「ディスプレイモードの変更を許可」がオンになっている場合、フレームレートとダイナミックレンジは、再生中のコンテンツのものに合わせて調整されるようだ。

「HDMI 2.0」に対応したアダプタをつなげば、4K/60Hzで出力可能。ドルビーデジタルプラスのオーディオストリームを出力できますが、ドルビーアトモスには非対応

端末からヘッドホン端子が廃止されているが、通常の優先イヤホンやヘッドホンなどを利用したい場合は「USB-C – 3.5 mmヘッドフォンジャックアダプタ」の利用を推奨している。

他にもハブやドック、キーボード、オーディオインターフェイスや MIDIデバイス、写真やビデオの読み込みに限定した外付けのストレージデバイス(外付けドライブとしては使用不可)、USB – Ethernetアダプタなどの接続・利用をサポート。

発表でも指摘していたが、「Apple USB-C – Lightning ケーブル」を利用すればiPhoneを充電することができる。

その他の情報は下記ページからどうぞご覧あれ!

(via AAPL Ch.

もっと読むiPad Proまとめ