iPad(第8世代)、正式発表!A12 Bionic搭載でさらにコスパUP

デザイン変わらず、A12 Bionicチップに性能アップ

AppleEvent2020Sep TimeFlies 1349

Appleは9月16日、スペシャルイベント「Time Flies」で、10.2インチ型ディスプレイを搭載したiPadのエントリーモデル「iPad(第8世代)」を正式に発表した。筐体のデザインやディスプレイサイズは変わらず、価格も据え置き。32GBモデルが税別34,800円から購入できる。

では何が変わったのか。

唯一の進化にして、最大級の進化

AppleEvent2020Sep TimeFlies 1216

唯一進化したのは、A12 Bionicチップの搭載。6コアのCPUと4コアのGPUから成り、Neural Engineも搭載。前モデルのA10 Fusionと比べてCPU性能は40%、GPU性能は2倍に高速化されている。

A12 Bionicのパフォーマンスは、最も売れているWindowsノートパソコンよりも最大2倍、Androidタブレットよりも最大3倍、Chromebookよりも最大6倍もの高速に動作するという。

AppleEvent2020Sep TimeFlies 1229
AppleEvent2020Sep TimeFlies 1231
AppleEvent2020Sep TimeFlies 1234

処理能力が大幅にアップグレードされても、価格は据え置き。iPad miniを含めたすべてのiPadシリーズの中でも最も手頃な価格設定がされており、iPadデビューをしたい人にとって今まで以上に魅力的な端末担ったのではないだろうか。

特集
関連情報
更新日2020年09月16日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    注目度はダンゼンAirが上ですが、このアップデート地味に良いですね。
    昨年チップが更新されずA10据置になったので長く使うことを考えてA12搭載のAir (2019)を買いましたが、これ、ディスプレイと薄さ以外はほぼAir (2019)ですね!
    特にiPadを持ってない人に勧めやすいモデルになりました。

「iPad (9.7インチ/10.2インチ)」新着記事
トレンド検索