Anker、バッテリー内蔵ケース「Anker PowerCore Case」を発売開始!「iPhone 7/6s/6」に対応する優れもの

Anker PowerCore Case iPhone7 6s 6

モバイルバッテリーは僕ら現代人の必須アイテム。ただし、モバイルバッテリーさえも持ち運ぶことを面倒に感じる人もいるだろう。

Apple純正品である「iPhone 7 Smart Battery Case」は確かに選択肢としてアリだが、10,800円という価格設定はさすがに躊躇してしまう。いくらAppleクオリティとは言え、1万円オーバーはちょっと……。

そこで、Ankerのバッテリー内蔵ケース「Anker PowerCore Case」が候補に上がるのだ!こちらの商品は記事執筆時点で3,999円で販売中。「iPhone 7」はもちろんのこと、「iPhone 6s」と「iPhone 6」でも利用できるデザインを採用していることが特徴となっている!

電池容量が180%に!取り付けたままiPhoneを充電可能

「Anker PowerCore Case」の電池容量は2,200mAh。「iPhone 7」に取り付けることによって電池容量が180%もアップし、インターネット利用が約11時間分、動画再生が約7時間分、音楽再生が約9時間分追加される。

Anker PowerCore Case iPhone7 6s 6 5

バッテリー本体の重さも約70gと軽め。バッテリーケースから本体を充電する場合はケースに付属しているLightningケーブルをLightning端子に挿し込む仕組みとなっているが、通常はLightning端子は露出した状態なので他のケーブルも指すことができる。本体はシリコン製なので硬くて装着が難しい、ということは無さそうだ。

「iPhone 7」用に設計されているが、カメラ部分は広く明けられている構造となっているため、iPhone 6s」や「iPhone 6」でも利用可能。これは特にこのバッテリーケースを複数人でシェアする場合に有効。過去3年の機種に対応するという発想は新しい。バッテリーケースはMicro USB経由で充電する。

夏に向けて外出する機会も増え、iPhoneで写真をバシバシと撮っていると気付いたら電池が残り数%、と言う経験は誰にでもあるだろう。モバイルバッテリーが手元にあればいいが、無い時は残り数分でデジタルライフは一時的に強制終了。

そのような悲劇的な状況に直面する必要が無いように、バッテリーケースを予め装着して行動する、というのも手かもしれない!気になる人は下記からどうぞ!

iPhone 6/6s」なら他にも選択肢はある

なお、「iPhone 6/6s」ユーザーには「ウルトラスリムバッテリーケース」という選択肢もあるので、対象の人はこちらもチェックしてみるべし!

また、ケースよりもとにかくスリムなモバイルバッテリーが良い、という人は「Anker PowerCore Slim 5000」もどうぞ!ケースと一体化するような薄型デザインが特徴だ。