Anker PowerCore II Slim 10000 レビュー

Anker PowerCore II Slim 10000

今からモバイルバッテリーを買うなら、最新機能が搭載された新しいモデルの方がいい場合が多い。

今年9月にAnkerから「Anker PowerCore II Slim 10000」が発表された。独自の充電技術「PowerIQ」がバージョンアップした「PowerIQ 2.0」に対応した、初のモバイルバッテリー

日々酷使するデジタルガジェット達のピンチヒッターとして役立つべく、最新の機能が凝縮されているので、紹介する!

「PowerIQ 2.0」対応ですべてのデバイスを急速充電

「PowerCore II Slim 10000」はUSBポートが1つ、充電用のMicro USBポートが1つ。個人的には2つ以上は欲しいところだが、一般的には1つで事足りる、という人の方が多いとのこと。そうか、僕はイレギュラーなのか……。
Anker PowerCore II Slim 10000

画面端には毎度お馴染み電源ボタンと電池残量LED。
Anker PowerCore II Slim 10000

裏側はマット仕上がりとなっていて、大きくAnkerのロゴが描かれている。
Anker PowerCore II Slim 10000

電池容量10,000mAhのAnkerモバイルバッテリーと比較

Ankerは数多くのモバイルバッテリーを販売しているが、今回は電池容量10,000mAhのモバイルバッテリーということで、同じく10,000mAhの「Anker PowerCore 10000」および「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を比較対象として紹介する!

早速仕様を比較してみよう。

PowerCore II Slim 10000 PowerCore 10000 PowerCore Speed 10000 QC
サイズ 約137 x 66 x 16mm 約92 × 60 × 22mm 約100 × 63 × 22 mm
重さ 約210g 約180g 約198g
出力 5-6V/3A
6-9V/2A
9-12V/1.5A
5V/2.4A 5-8V/3A
8-10V/2.4A
10-12V/2A
入力 5V⎓2A/9V⎓2A 5V/2A 5V/2A
ポート数 1 1 1
特徴 PowerIQ 2.0対応 最小最軽量 Quick Charge 3.0対応
PowerIQ
(2.0)
VoltageBoost
価格 3,299円 2,399円 2,999円

いずれもポートは1つのみ搭載し、重さは200g前後。最も軽く、コンパクトで、かつ安いのは「Anker PowerCore 10000」。僕も個人的に一押しのモバイルバッテリーとなっていて、今は荷物を極力少なく軽くしたい妻に渡してある。

Anker PowerCore Speed 10000 QC」は、「Anker PowerCore 10000」のデザインを踏襲しつつも「Quick Charge 3.0」に対応。少し細長くなっているが、20gの重量アップに押さえている。

今回紹介している「Anker PowerCore II Slim 10000」はと言うと、やはり「PowerIQ 2.0」に対応している点が魅力。最大出力が18Wもあるため、「Quick Charge 3.0」対応ポートと同じ充電スピードを実現しつつ、iPhoneなどの製品もフルスピードで充電可能に。

さらに、バッテリー本体の充電速度は最も早く、急速充電器を利用すれば約4時間で完了する。

Anker PowerCore II Slim 10000

大きさは「Anker PowerCore II Slim 10000」が1番大きいが、最新スマホの形状にフィットするように作られているため、重ねて持ちやすいように設計されている。

Anker PowerCore II Slim 10000

「Anker PowerCore II 20000」との比較、乗り換え

さらにここでもう1台比較対象として、僕が愛用していた「Anker PowerCore II 20000」を並べてみる。3ポートが用意され、入力ポートが2つ搭載されているモバイルバッテリーだが、残念ながら販売終了してしまった模様。

メーカーに問い合わせたところ、「3ポートは意外と需要がなかった」とのことで、実際に僕も3ポート同時に使うことはなかったことに気付かされ、「Anker PowerCore II Slim 10000」に乗り換えることを決意。

20,000mAhから10,000mAhとなるとサイズが劇的に変わるかというと、意外にも横幅は同じで縦に長く、薄くなったようなサイズ感であることが分かった。

Anker PowerCore II Slim 10000

ポートは1つになったが、困らない。むしろ、重さが約383gから210gまで軽くなったので、荷物が気持ちばかり軽くなった。

Anker PowerCore II Slim 10000

Anker PowerCore II Slim 10000」は最先端技術が詰まった最新のモバイルバッテリーだ。接続するあらゆるデバイスをフルスピードで充電し、本体も高速で充電完了する。

そういう意味ではとても魅力的な製品ではあるが、単に小さいものが良ければ「Anker PowerCore 10000」を、「Quick Charge 3.0」対応デバイスを充電するのであれば「Anker PowerCore Speed 10000 QC」を選んでも十分満足できるはず。

電池容量が10,000mAhもあれば大抵の人は事足りるはず。自分に合ったモバイルバッテリーを選んで購入するべし!

FOLLOW / 最新情報を購読