【レビュー】Anker PowerCore 10000 PDーー世界最小・最軽量のUSB PD対応モバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 PD Review 01

モバイルバッテリーを使う時は、当然iPhoneの電池が不足している時。当然、充電した状態で使うよりも充電していない状態の方が使いやすいので、充電に掛かる時間は短ければ短い方が良い。

Ankerから世界最小・最軽量のUSB PD対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 PD」が発売された。iPhone XS」の高速充電機能が利用できるため、「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」を利用すればわずか30分で最大50%まで充電できるのだ!

Anker PowerCore 10000 PD Review 04

1台サンプルとして提供していただいたので、紹介する!

18W出力USB-Cポート+10W出力USB-Aポート

Anker PowerCore 10000 PD」は2つのポートを搭載する。
Anker PowerCore 10000 PD Review 02

1つはUSB PD対応のUSB-Cポート。最大18Wの出力に対応し、iPhoneなどを急速充電することが可能。もう1つは、Anker独自の急速充電技術「Power IQ」に対応したUSB-Aポート。最大10W出力に対応する。

大きさは横幅約52mm。重さはなんと約192g。以前紹介した”究極の持ちやすさ”を目指したモバイルバッテリー「Anker PowerCore 10000 Redux」を一回り大きくした程度の大きさで、重さもほとんど変わらない。
Anker PowerCore 10000 PD Review 03

お手玉のようにポンポン投げられるぐらいには軽い(顔が引きつっているのはバッテリーを落とさないように慎重になっているため)。
Anker PowerCore 10000 PD Review 09

USB PDに対応したUSB-Cポートを搭載しているため、理論状はMacも充電可能。ただし、「MacBook Pro」の15インチモデルは87W、13インチモデルは60W、「MacBook Air」は30Wの入力を必要とするため、現実的に使えるのは「MacBook Air」だけだろう。
Anker PowerCore 10000 PD Review 05

一方USB-Cポートを搭載した「iPad Pro 2018」は18Wの電力があれば充電できるため、快適に利用できる。
Anker PowerCore 10000 PD Review 06

つまり、「Anker PowerCore 10000 PD」はiPad Pro 2018」をフルスピードで充電しつつ、iPhoneも同時に充電できる。この機能を192gというコンパクトさで実現したモバイルバッテリーは他にないのではないだろうか。
Anker PowerCore 10000 PD Review 07

USB-C時代を担う10,000mAhモバイルバッテリー

Anker PowerCore 10000 PD Review 08

モバイルバッテリーは電池切れをしてしまってiPhoneがピンチになっている時に救ってくれるアイテム。iPhoneが使えなくなると困るので持ち歩くことには変わりないが、可能であればiPhoneに繋いでいる時間は短ければ短い方が良い。

Anker PowerCore 10000 Redux」は192gという、Ankerの10,000mAhクラスのバッテリーと変わらない重さを実現しつつもUSB PDに対応したUSB-Cポートを搭載し、「Anker PowerLine II USB-C & ライトニング ケーブル」との組み合わせで対応するiPhoneを急速充電することが可能に。

まさに「USB-C時代を担う10,000mAhモバイルバッテリー」と言っても過言ではない。

モバイルバッテリーは使っている時間が短ければ短い方が良いーーその思想に頷ける人は常用モバイルバッテリーを「Anker PowerCore 10000 Redux」に乗り換えても良いかもしれない。

Anker PowerCore 10000 PD
8.5/10
ギャラリー
「iPhone用モバイルバッテリー」新着記事
トレンド検索