USBハブにもなるUSB PD対応モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」が発売

Anker PowerCore+19000 PD

Ankerから入出力ともにUSB Power Delivery(USB PD)に対応した超大容量モバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」が発売された。価格は10,999円。

この製品は「ビジネスシーンに最も似合うモバイルバッテリー」を目指し、「iPhone XS」を約5回または「MacBook」を1回以上の充電に相当する19,200mAhのバッテリーを搭載。最大27Wの入出力が可能なUSB-Cポートも採用され、Macの充電だけではなくiPhoneの急速充電でも利用可能。

さらには最大15Wの出力が可能な「PowerIQ 2.0」対応USB-Aポートが1つ、最大10Wの出力が可能な「Power IQ」対応のUSB-Aポートが1つ、合計2つのUSB-Aポートを搭載し、同時に3つのデバイスを充電することが可能。

Anker PowerCore Plus 19000 PD 1

本体には最大30Wの出力に対応した急速充電器が同梱され、利用すればバッテリー本体を3.5時間でフル充電することができる。

MacもiPhoneも充電できてUSBハブにもなる最強アイテム

ただ、ここまでは通常のモバイルバッテリーと大きくは変わらない。最大の特徴は、バッテリー本体がUSBハブ機能を備えている点。

B1362 Anker PowerCore+ 19000 PD 2

電源ボタンを長押しすることにより、バッテリーのUSB-Aポートが認識され、USBメモリなどを外部ストレージとして認識してくれるようになる。iPhoneの同期やバックアップなども「Anker PowerCore+ 19000 PD」があればUSB-Cポートしかない最新のMacでも接続できる。

残念ながらiPad Pro 2018」ではこのUSBハブモードは利用できない。また、USBハブモード時は、「PowerIQ 2.0」のポートが最大10W出力になる。パススルー充電には対応していない。

表面は傷が目立ちにくいマット加工、裏面は滑りにくいゴム加工が施されたツートーンデザイン。USBハブとして机の上に置いても知的に見えるデザインに仕上げているとのこと。

MacもiPhoneも充電できてUSBハブにもなるモバイルバッテリー「Anker PowerCore+ 19000 PD」。欲しい人は下記からどうぞ!