ソフトバンクオンラインショップ

表はLightning、裏はMicro USB!「LMcable」がKickstarterに登場

LMCable

iPhoneしか持っていないという人でも日常的にMicro USBケーブルを使うことは少なくない。モバイルバッテリーやモバイルルーターの充電は基本的にMicro USBで行うことが多い。

僕も例外ではない。ケーブルを複数本持ち運ぶのが面倒な時はcheeroの万能ケーブルを持ち歩くようにしている。

このケーブルの気になる点を挙げるとしたら、Micro USBケーブルとして使用している時にLightning端子が邪魔だということ。不便ではないが、もう少しスマートだと格好良い。

Cheero 2-in-1 Cable

そこで登場したのが、現在Kickstarterで資金調達を行っている「LMcable」。表向きに挿すとLightningケーブルになり、裏向きに挿すとMicro USBになるという、超万能ケーブルなのだ!

充電、データ転送にも対応!既に目標額を大幅オーバー

LMcable」の目標資金調達額は5,000豪ドル。ところが、記事執筆時点ではその約23倍にあたる115,168豪ドルが集まっている。

LMCable GIf

これが1本あればiPhoneでもAndroidでも利用可能になる。一方で挿せばLightning、もう一方でさせばMicro USB。残念ながらLightningケーブルの「どちら向きに挿しても挿さる」という特性を犠牲にすることになるが、それでも2つの用途を1本で済ませることができるのは魅力的だ。

ケーブル本体も頑丈な作りになっているため、断線の心配も無さそう。既に13ドルと20ドルのプランは完売となっているため、支援したい人は21ドル以上のプランに申し込むべし!

コネクタ付きの2-in-1ケーブルなら既に販売中

「表裏で端子を切り替える必要性は感じないけど、両端子を1つのケーブルで使えるようにしたい」という人のために、参考としてその類のケーブルを載せておく。経験上、1本持っていると物凄く便利なのでオススメ。

(via Cult Of Android

関連情報
更新日2019年03月12日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. こんにちは

    表でも裏でも気にしないで使えるのがLightningの良さだったはず。表裏気にするようじゃ
    本末転倒

「Lightningアクセサリー」新着記事
トレンド検索