アウトドアを想定したカメラバッグ「WANDRD FERNWEH」がKickstarterに登場

容量は48〜50リットル、重さは2.2kgで巨大なバックパックだが、大量のカメラ機材を持ち運ぶ人にとっては良さそう

WANDRD FERNWEH

また新しい、魅力的なバックパックに出会ってしまった。お気に入りのカメラバッグ「PRVKE 31」のメーカーWANDRDから、新しいアウトドア向けのカメラバッグ「WANDRD FERNWEH」が登場した。

容量は48〜50リットル、重さは2.2kg。S/MサイズとM/Lサイズがあり、個々の体にフィットするように複数の調整ポイントが用意されている。PC用ポケットも用意されているが、キャンプやハイキングで大量のカメラ機材をエクストリームな環境で持ち運ぶ人を想定した作りになっている。

WANDRD FERNWEHの特徴、機能、

FERNWEHの主な特徴や機能は、以下のとおり。

  • 複数の方向からアクセスできるメインコンパートメント
  • 専用のハイドレーションポケット
  • PC用ポケット
  • バッグを肩に掛けたままカメラが取り出せるサイドポケット
  • 複数のアタッチメントポイント
  • 止水ファスナー
  • 上下左右に持ち手
  • 取外し可能なヒップベルト
  • 高いクッション性

Wandrd Fernweh Backpack on kickstarter 3

僕はキャンプもハイキングもしないが、FERNWEHの高いクッション性とメインポケットへのアクセスの良さに惹かれた。外側、内側(背中側)、そしてサイドポケットからカメラ機材にアクセスでき、背負ったまま中の荷物を取り出すことができる

PRVKE 31は本体上部がロールトップ型になっていたが、FERNWEHはジップ式のポケットに変更されている。容量の変更はできないが、ジップ1つでバックパックの内部に上からアクセスできるのは使いやすい。

上部の蓋にもポケットがあり、小物入れとして最適。僕だったら小さいタオル、メガネ拭き、プロテインバーを入れておくだろう。MYSTERY RANCH3DAY ASSAULT CLでも同様の仕組みがあり、非常に気に入っている。

50リットルクラスのバックパックとなれば、フィット感は重要だ。PRVKE 31では物足りなさが感じられたハーネスシステムを、FERNWEHでは解消。背負う人によって細かくサイズを調整できる「6ポイント・アジャストメント・システム」が搭載されている。

WANDRD FERNWEH 6 point adjustment system

ショルダーストラップのサイズは2種類、取り付け位置は3段階あり、ヒップベルト、チェストベルト、ロードリフター、ショルダーストラップを組み合わせることで体型にバッグを合わせられる。

ヒップベルトには伸縮性のあるポケットと、ジップ式のポケットが左右に用意されている。伸縮性のあるポケットがあるヒップベルトは見たことがないが、収納できるアイテムの幅が広がる良いアイディアだと思う。

50リットルという大容量を考えると普段使いは厳しいが、仕事で大量のカメラ機材を持ち運ぶ人にとって使い勝手は良さそうだ。興味がある人はKickstarterをチェックしてみてはどうだろうか。

以下に先行レビュー動画を載せておく。支援を検討している人は参考にしてもらいたい。

関連情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「バックパック・カバン・バッグ」新着記事
トレンド検索