家計簿アプリの決定版:MoneyBook

MoneyLogが使い物にならなくなってから一週間近く経った。きっとMoneyLog以上のアプリはないだろうと思っていたら、以外とあっさり越えるアプリを見つけてしまったので紹介。

名前はMoneyBook。恐らくどの家計簿アプリよりも使いやすい。

これが、起動画面。僕はMain Salaryがその月の予算。カラフルなゲージは支出を記入するごとに減っていく。Top Categoriesは支出項目のうち、額の多い上位3カテゴリを表示。その下の数字は日の平均支出を自動算出してくれる。左上にある矢印はワンタッチで出来るバックアップ、右がアイコンの通り、設定。
New Transactionで支出項目が追加出来るのだが、それはまた後ほど。

まずは各項目から。Transactionsは処理や執行という意味なので、要はその月の支出項目だ。カテゴリも分類出来、かつ、項目に名称を自分をつけることが出来るので、結構便利。

Recurringは繰り返されることを指すので、毎月必ずある出費をここに記入出来る。その項目が支出として登録される日にちも指定出来る。例えば、僕の場合は定期が7日更新なので、7日に支出項目として自動的に記入されるようにしている。これはMoneyLogになかった機能なのだが、すごい便利!

ここで履歴が見れる。

記入画面はこんな感じ。僕にとって何よりも大事なのは気持ちよく簡単に支出を登録出来ること。実際、評価が高い家計簿アプリでもこれが出来ていないものが多いので、なぜ人気なのか甚だ疑問だ。記入するのが面倒だと続かないと思うんだよね。

その点、MoneyBookは完璧。カテゴリを選び、金額を記入する。だが、実はそれだけではない。この画面、電卓となっているので、ちょっとした計算をこの中でして、その計算結果を支出として登録出来るのである。これが思いのほか便利だったりする。

項目を登録するとその数字の左右にうっすらとあるカレンダーのアイコンとメモのアイコンそれぞれをタップすると、左は支出の日付、右は支出のメモを記入出来る。

そして、横に傾けると、なんと支出一覧がグラフで表示される!なんだこの無駄のないインタフェース!

上記の支出一覧だが、詳細は全てWEB上で見れるようになっている。各項目をまとめた棒グラフ、円グラフと支出一覧が表示される。もちろん、CSV出力にも対応している。WEBから項目記入が出来るかと期待していたのだが、どうやらそれは出来ないようで、あくまでも閲覧専用のようだ。
https://my.moneybookapp.com

つまり、逆に言えば、アプリはあくまでも項目を記入するためのもので、管理はWEBでするような仕様になっている。冒頭にも書いた通り、ワンタップで支出のバックアップを取れるようになっているので、手間は全くかからないが、アプリで全て完結したい、と思っている人には向かないアプリかもしれない。僕は、何でも詰め込まれるのが最近嫌いなので、かなり気に入っている。確かに、最低限その日に使った金額と全体の平均金額さえ分かれば、あとは月全体の金の動きなんてあえてiPhoneで見る必要もないしね。

かなりオススメの家計簿アプリ。家計簿アプリに迷っている人は是非試してみるべし!!

<追記>
MoneyBookをたまたま横に傾けてみたら、実は当月の支出一覧が見れることが判明したので、追記。このアプリ、最強だな。

MoneyBook – 予算管理 2.3.1(iOS 4.0 テスト済み)(¥350) for iPhone 2.3.1(iOS 4.0 テスト済み)
Price: ¥350
iPhone、iPod touch および iPad 互換 iOS 3.0 以降が必要