Android、若干シェアを伸ばしつつ、iOSと共に引き続きモバイル市場を独占中


9月頃にiOSとAndroidがモバイルマーケットの8割以上を占めているというポストを書いたのだが、その後の最新の統計情報が公開されていたので紹介する。

当然ながら2ヵ月後経ったところでiOSとAndroidのモバイル市場における圧倒的な存在感は変わることは無いが、Androidが2ヶ月前に比べて若干シェアを伸ばしていることが分かった


あくまでもMillennial Mediaの広告にアクセスしたユーザーを対象に取った統計ではあることが前提だが、Androidのシェアは2ヶ月前に比べて2%伸ばして全体の56%iOSのちょうど2倍のシェアを持っている

メーカー別では以前と変わらずAppleの独壇場となっている。よって、端末単位で見てもiPhoneが2011年第三四半期におけるシェア率が全体の12.55%も占めているのも至って自然である。

発売から3日で販売台数400万台を突破したiPhone 4Sのインパクトが出るのはまだ先なのだろうか。第四四半期の結果はいかに!!

(via Boy Genius Report

もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい