ダークモードに対応した「iPhone 8」のコンセプトイメージ

Iphone 8 dark theme concept 1

まだ開発段階とされている「iPhone 8」だが、有機ELディスプレイを採用するのであれば「iOS 11」にはダークモードを実装してもらいたいところ。

なぜなら有機ELディスプレイは液晶ディスプレイに比べてコントラスト比が高く、バックライト不要でピクセル自体が発光する仕組みとなっているため、黒の発色が非常に良いのだ。

UI/UXデザイナーのVianney le MasneFollowさんがダークモードに対応した「iPhone 8」のコンセプトイメージを公開するとともにUI/UXデザインの観点から意識するべきことを解説していたので、紹介する!

ダークモード + 有機ELディスプレイでベゼルレスデザインが完成する

「単に白黒を反転させるだけでは物足りない」とMasneFollowさんは説明する。ダークモードが有機ELディスプレイと組み合わさることによってディスプレイとベゼル部分の境目が識別不可能になり、ベゼルレスデザインが実現できるようになると指摘。

用意されている物理的なベゼルは本体上部のみを想像。それ以外はほぼディスプレイとなっている。

Iphone 8 dark theme concept 3

また、ダークモードが用意される場合、 白いキャンバスではなく真っ黒なキャンバスで中心から外側に向けて広げるようなイメージでデザインを描き起こすことを勧めている。これもダークモードと有機ELディスプレイの特性を活かしたUI/UXを用意する上で重要だという。

確かに公開されているコンセプトイメージを見るとiPhone本体との一体感があり、非常に格好良い。ダークモードが用意されるかどうかは「iOS 11」次第ではあるが、「WWDC 2017」では披露されるのだろうか。

Iphone 8 dark theme concept 3

下記動画にはMasneFollowさんが描いたコンセプトイメージが多数公開されているので、どうぞご覧あれ!

(via 9to5Mac