「iPhone SE2」、ヘッドホン端子を廃止して5月発売?!Apple Payとワイヤレス充電に対応か

ユーラシア経済連合に提出された資料によると、Appleが近日中に新しいiPhoneを発表することが明らかになった。今のところiPhone SE」の次期モデルが登場する可能性が高いと見られている。

Macお宝鑑定団Blogが「Global Sources Mobile Electronics 2018」でiPhoneケースメーカーに取材したところ、「iPhone SE」の後継モデルである「iPhone SE2」は5月に発売され、ヘッドホン端子が廃止されると報じている!

「Touch ID」搭載、「iPhone 7/7 Plus」に近い内部仕様

「iPhone SE2」もついにヘッドホン端子が廃止される時が来たようだ。

その他の仕様としてはNFCチップを搭載し、「Apple Pay」が利用可能になるとのこと。ついに4インチサイズのiPhoneでもカード付きケースを使わずに改札を通ったりコンビニで会計をすることが可能になる。

また、一部では「iPhone X」のようなベゼルレスモデルを期待する声もあったが、「iPhone SE2」は「Touch ID」が内蔵されたホームボタンを搭載する見通し。

チップは「A10 Fusion」となり、HEIF/HEVCのメディアフォーマットに対応。「iPhone 7/7 Plus」の仕様を踏襲したモデルになると予想される。

ワイヤレス充電にも対応すると予想されているが、筐体がガラス製になるかの確証は得られなかったとのこと。逆にガラス製にすることなくワイヤレス充電を実現することができていれば、それはそれですごいことだ。

あわせて読みたい