次期iPhoneに同梱されるUSB-C電源アダプタ、単品購入は難しくなる可能性

Iphone usbc charger

2018年に発表される次期iPhoneには従来のUSB-A電源アダプタではなく、USB-C電源アダプタが同梱されると見られている。

Macお宝鑑定団Blogがサプライヤーから入手した情報によると、そのUSB-C電源アダプタはUSB Power Delivery 3.0規格に準拠し、製造する工場は同梱分を用意するだけで精一杯になると報じている。同電源アダプタは単体販売されるようだが、しばらくは単体販売分の需要を満たすことができない可能性があるそうだ。

また、新しいLightningチップを使用したサードパーティ製USB-C to Lightningケーブルは、2018年12月までに追加される可能性があり、2019年以降には発売開始される可能性があるとのこと。ただし、認可が降りる工場が限定されることから、メーカー同士の取り合いになる可能性があると指摘している。

逆にいうと、僕らユーザーとしてはサードパーティ製USB-C to Lightningケーブルは来年以降にならないと入手できない可能性が高く、少なくとも年内はApple純正のものしか使うことができないと見られる。