「iPhone 6」が車内で爆発・炎上する事件が中国で発生

iphone 6 goes on fire inside car

いくら正規品より安いとは言え、この事件を知ってから非正規のバッテリー交換サービスは使いたくなくなるはず……!

以前、「iPhone 7」がオーストラリアで発火し、車が炎上する事件が発生していたが、今回はドライブレコーダーが捉えた「iPhone 6」が車内で爆発し、炎上する様子を捉えた映像が公開されている。

中国上海の道路で発生、非正規のバッテリーが発火の原因

事件が起きたのは8月1日、中国上海にて。Jiangさんが旦那さんと運転していたところ、ダッシュボードの上に置いてあった「iPhone 6」が突然爆発。

映像の開始数秒後に突然発火し、その後しばらくして再度煙とともに2回目の爆発が発生。運転している女性の悲鳴も入っているので、視聴の際は音量に注意を。

この「iPhone 6」は今年2月にバッテリーの交換を実施。この時に交換されたバッテリーはAppleの正規品ではなく非正規品のバッテリーであることが判明し、今回の爆発はそのバッテリーが原因であることが分かっている。

電子機器は熱に弱い。事件が起きた外気温は37℃だったとのことで、ダッシュボードの上に置いていたことで熱を帯びてしまい、バッテリーが耐えきれずに爆発した可能性がある。

日本国内でも35℃以上の気温になる地域も少なくないため、車で移動する人は使っていないiPhoneをダッシュボードに放置することは避けた方が良さそうだ。

(via 気になる、記になる…

もっと読むiPhone 6まとめ