iPhone 13の需要、ホリデーシーズン前に低下か

在庫状況は改善しているが、需要のピークを逃した可能性がありそう

GoriMe using iPhone13Pro 01

Appleは一部の部品サプライヤーに対し、iPhone 13シリーズの需要が低下していると通達した。世界的なチップ不足の影響で、Appleは今年10月に目標製造台数を1,000万台下方修正していた。

BroadcomおよびTexas Instrumentsの部品が不足しており、目標としていた年内9,000万台の製造台数を達成できない見通しだ。2022年に不足分を補う計画だったが、需要低下により実現できないと見ている。

CNBCの取材によると、Appleのティム・クックCEOは、チップ不足の影響でiPhone、iPad、Macの需要に応えられず、2021年度第4四半期は60億ドルの損失を被ったと説明している。

(Source: Bloomberg

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:618501)

    発売してすぐとか在庫希少とかなら欲しい!って物欲湧くけど発売して数ヶ月で在庫もあるなら今のスマホまだ使えるから次のでいいかってなっちゃいますよね

「iPhone 13」新着記事
トレンド検索