「iPhone 7」は光学手ブレ補正に対応、より大きいセンサーを搭載か

Iphone 7 dummy unit
現地時間9月7日に発表されると予想される「iPhone 7」と「iPhone 7 Plus」の特徴はカメラ性能の向上。

Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)によると、「iPhone 7」は光学手ブレ補正に対応、より大きいセンサーを搭載すると伝えている!

5.5インチモデルは同じカメラを2つ並べただけらしい

「iPhone 7」では「iPhone 6s」に採用されている1/3.2型のCMOSセンサーから1/3.06型のCMOSセンサーに変更されるとのこと。また、以前報じられていた通り、4.7インチモデルもついに光学手ブレ補正に対応すると伝えられている。


より大きいセンサーの採用と光学手ブレ補正の対応によって現行モデルよりも暗所における撮影が強化されていることが期待できそうだ。

また、「iPhone 7 Plus」は「iPhone 7」と同じセンサーを採用し、1つではなく2つのレンズを並べたデュアルレンズカメラを採用。2つのレンズと1つのレンズではどの程度画質に差が生まれるのか、気になるところだ。

以前から報じられている通り、新色「スペースブラック」は追加される見通し。現在用意されているスペースグレイは「アルミ素材感を活かしたブラック」に変更され、新色は「Mac Pro (Late 2013)」に似た光沢のあるブラックになるそうだ。

最新の噂では生活防水程度の防水仕様になることや「おサイフケータイ」対応が囁かれている。

毎年恒例の「発売直後は品薄の可能性」も報じられているので、新モデルをなるべく早く手に入れたい人はしっかりと予約するべし!

(via Macお宝鑑定団 blog(羅針盤)

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  4. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!