4.7インチ型「iPhone 7」、ついに光学手ブレ補正を搭載か?!

IPhone 7
「同じiPhoneでも4.7インチモデルよりも5.5インチモデルの方が良い写真が撮れるから仕方なくプラスを使っている」という人に朗報だ!


野村證券のChris Chang氏が公開した投資家向けの情報によると、今年発表される「iPhone 7」には光学手ブレ補正が搭載されると予想している!

ソニーは次期iPhoneに向けて生産が間に合わないと分析

昨日デュアルレンズカメラのモジュールを担当する予定のソニーはなんとかギリギリ間に合うのではないかという見解を紹介したが、Chang氏によるとソニーは予想以上に低い利回りと熊本地震の影響で生産が遅れる可能性があると指摘している。

We think Sony may not be able to deliver its full share of dual cameras to Apple due to: (1) lower-than-expected yield, and (2) damage to its production facility from the April earthquake in Kumamoto.

via LG Innotek: Sony Is Behind Apple’s iPhone7 Schedule, Nomura Raises To Buy – Asia Stocks to Watch – Barrons.com


やはりデュアルレンズカメラを搭載するのは5.5インチモデルのみとなっているようで、4.7インチモデルには従来と変わらずシングルレンズカメラのままになる模様。

よって、カメラの性能としては引き続き大きいモデルの方が優位にはなりそうではあるが、これまで5.5インチモデル限定だった光学手ブレ補正が4.7インチモデルで利用できるようになるのは非常に大きい。特に暗い場所で撮影することが多い人はその恩恵を最大限受けることができるだろう。

iPhone 7」も光学手ブレ補正搭載となると、「より良いカメラ」を搭載する「iPhone 7 Plus」のカメラ性能は2つの1,200万画素カメラによってどれほど変わるのだろうか。Androidスマートフォンのカメラがますます進化する中、Appleの出方が注目される。

「iPhone 7 Plus」、1,200万画素カメラを2つ搭載か?!


「iOS 10」、物理ボタンのないデバイスの動作をテスト中か?!


(via MacRumors

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!