「iPhone 7」のベンチマークテスト結果がリークか?!性能は2〜3割向上

Iphone 7 benchmarktest ss
よりパワフルになり、日頃の操作が今まで以上にサクサクに?!

Steve Hemmerstoffer氏が「Geekbench 4」で測定された「iPhone 7」のベンチマークスコア結果を投稿していたので、紹介する!

謎の多い結果ーー「iOS 10.1」「ARM @ 396MHz」

その投稿は以下。「iPhone9,3」とは4.7インチ型「iPhone 7」を表す表記として間違いない。「iPhone 7 Plus」は「iPhone9,2」となっている。


僕の「iPhone 6s」ではシングルコアスコアは「2540」、マルチコアスコアは「4411」という結果だった。上記結果が本物である場合、「iPhone 7」は24〜33%の性能向上が見込めるということになる。


ただし、この測定結果は気になる点がいくつかある。

まず「iOS 10.1」と書かれている点。まだ「iOS 10」が正式リリースされていないのに「iOS 10.1」の記述があるということはAppleの関係者が「iOS 10」の最初のアップデートバージョンを搭載した次期iPhoneを使用してベンチマークテストを行ったということになる。そんな都合の良い話、あるのか?!

次に「Processor」の欄に「ARM @ 396MHz」と書かれている点。これは単純に「Geekbench 4」がまだ「A10」プロセッサに対応していないからなのだろうか。本来、ここは「ARM @ 1.80GHz」といった表記になる。

Ming-Chi Kuo氏によると、「A10」チップの動作クロック数は2.4GHzになるという。「A9」の1.8GHzからは大きな進化が期待されているが、真相はスペシャルイベントでも披露される可能性は限りなく低く、実機が出回った頃にようやく明らかになるだろう。

「iPhone 7」はただでさえ動作がキビキビしている「iPhone 6s」が遅く感じるほど進化するのだろうか。実機で確認するのが楽しみだ!


あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に