「iPhone 8」用の有機ELディスプレイ、供給量不足に直面する可能性

IPhone 7 Plus Jet Black

2018年のiPhoneには有機ELディスプレイを搭載する方向でAppleは準備を進めているようだが、肝心な部品を提供するサプライヤー側に少々問題があるようだ。

Bloombergによると、Appleにディスプレイパーツを提供するサプライヤー4社が「iPhone 8」に必要とされる供給量を満たすことができない可能性があると報じている!

生産体制整わず、供給量不足は2018年まで続く見通し

iPhone 7/7 Plus」が発表された直後であるのにも関わらず既に多くの期待が集まっている来年のiPhoneだが、Appleは早速計画の変更を強いられる可能性がある。

有機ELディスプレイは液晶ディスプレイと比較して大量生産することが難しく、Appleは来年の一部モデルを有機ELディスプレイではなく液晶ディスプレイを採用したモデルにせざるを得ない可能性を指摘している。

AppleのディスプレイサプライヤーはSamsungディスプレイ、LGディスプレイ、シャープ、ジャパンディスプレイの4社。求められている有機ELディスプレイの仕様と供給量は5インチ以上のサイズのものを1億台分

SamsungはAppleと有機ELディスプレイの供給において独占的な契約を締結しているが、必要とされる供給量の一部しか提供することができないと見られている。なお、この供給力不足は2018年まで続く模様。それだけ有機ELディスプレイの量産は難しいということなのだろうか。

ところで、先日、Ming-Chi Kuo氏の情報としてAppleが液晶ディスプレイを搭載した4.7インチモデルと5.5インチモデルに加え、“プレミアムモデル”として有機ELディスプレイを搭載したモデルを用意していると報じていた。液晶ディスプレイ採用モデルが用意されると伝えていたのは、もしかして供給量が不足することを知っていたからなのか?!


(via MacRumors

FOLLOW / 最新情報を購読