未発表のiPhoneプロトタイプを隠すためのステルスケースが明らかに

Iphone security case

新型iPhoneが発表される前にAppleはiPhoneを間違いなく実世界でテストしている。つまり、僕らは新モデル発表前に実は街中で次のiPhoneを見かけているかもしれないのだ。

ただ、僕らにバレないのは巧みに隠しているから。Sonny Dickson氏がMacRumors未発表のiPhoneプロトタイプを隠すためのステルスケースの写真を提供していたので、紹介する!

ステルスケースに入れられ、実世界でテストされている

新型iPhoneはラボ内だけではなく、実世界フィールドテストが行われている模様。今回リークされたステルスケースに入れられ、世界各国で動作確認が行われていると見られる。

必ずセットで用意されているのはこの”パスポート”。テストするための項目が羅列され、動作が確認され次第チェックするリストになっているようだ。
Iphone passport

テストされた項目はすべてパスポート内に記録され、記録者は自分のイニシャルを記載し、具体的な内容を書き込む。複数回に渡り複数の人によってテストされ、最終的には中国からアメリカへとテスト機は送られるという。

iPhoneのプロトタイプには管理用のQRコードが刻印されている。

徹底した秘密主義を貫くAppleだが、それでもなお早い段階で新型iPhoneのリークは起きている。「iPhone 7 Plus」の実機写真がリークしたのは2016年3月のこと。正式発表される半年以上も前のことだ。

2017年のiPhoneはガラス製筐体を持つ、5.8インチ型の全面有機ELディスプレイを搭載すると噂されている。iPhone生誕10周年記念モデルとして世界中から期待が高まっているが、今年も正式発表の遥か前にリークされるのだろうか。

Apple新学期を始めようキャンペーン