iPhone用OSのプロトタイプの比較写真や動画が公開

IPhone OS Sonny Dickson

Steve Jobs氏はiPhoneのUIを考える上でiPodのUIを拡張するか、OS XのUIを縮小するかという2択で悩み、当時の担当役員であるTony Fadell氏とScott Forstall氏はそれぞれのチームに提案させたとされている。

そのうち、Fadell氏率いるiPodチームが披露したOSが先日紹介した「AcornOS」。これはFadell氏自身もTwitterで事実であることを認めている

最終的にはForstall氏が提案した案が採用となったが、一体どのようなプロトタイプだったのだろうか。Sonny Dickson氏が「AcornOS」と並べてForstall氏の提案したプロトタイプの比較写真や動画を多数公開していたので、紹介する!

「P1」と「P2」が動作するiPhoneのプロトタイプを披露

Dickson氏によると、当時2人の役員によるiPhone用OSプロジェクトは「P1」と「P2」と名付けられていたとのこと。Tony Fadell氏が担当した「AcornOS」は「P1」、Scott Forstall氏が担当し今のiOSの原型となったのが「P2」だったそうだ。

両チームはSteve Jobs氏に認めてもらうために各プロジェクトに全力で取り組んでいた模様。下記動画を見るとよく分かるが、「P1」はiPodベースとなっているためOSそのものが軽く起動が早いのに対し、「P2」は完全に新しいOSが用意されていたため、起動が非常に遅い。

OSが動作しているiPhoneも初期のプロトタイプであるとされ、プラスチック製のディスプレイに未加工の筐体、そして未完成のホームボタンを搭載し、電源をオフにするには特殊なプロセスを踏まなければできないという。

今となっては多くの人にとって無くてはならない存在になったiPhoneだが、今回紹介したような時期を経て今に至っている。先日10歳の誕生日を迎えたが、成人するまでにどのような変化があるのか、楽しみだ!