Apple、iPhone生誕10周年を記念してコメントを発表

Iphone

2007年1月9日、iPhoneが誕生した。iPhoneの10歳の誕生日を記念して、Appleはコメントを発表した

AppleのCEO、Tim Cook氏は「iPhoneは消費者の生活において欠かせない存在であり、コミュニケーションやエンタメ、仕事や人生の在り方を再定義している」とコメント。「iPhoneはモバイルコンピューティングのスタンダードを最初の10年で確立したが、私たちはまだ始まったばかりだ。最良の時はこれからだ」と加えた。

“iPhone is an essential part of our customers’ lives, and today more than ever it is redefining the way we communicate, entertain, work and live,” said Tim Cook, Apple’s CEO. “iPhone set the standard for mobile computing in its first decade and we are just getting started. The best is yet to come.”

Appleのワールド ワイドプロダクトマーケティング担当上級副社長Phil Schiller氏も初代iPhoneから「iPhone 7 Plus」までの軌跡を振り返り、「まだ始まったばかりだ」と同意。確かに最新の「iPhone 7」シリーズは初代iPhoneから劇的に進化していることは間違いない。

Iphone

この先の10年、iPhoneはどのように進化するのか

10年前、壇上にいたSteve Jobs氏は披露する直前に、このように説明していた。

“a widescreen iPod with touch controls, a revolutionary mobile phone and a breakthrough internet communications device.”

Steve

あれから10年。iPhoneはその当時からは想像できないことができるようになった。

当時200万画素だったカメラは1,200万画素になり、レンズも1つではなく2つに。容量も多くて8GBしかなかったものが、最大256GBまでになった。耐水仕様になり、ホームボタンは物理ボタンではなくなり、かざすだけで買い物ができ、パスコードを入力することなく指先でロック画面を解除できる。

振り返ってみると、当時日本では「iPhoneは流行らない」と多くのメディアに否定されていたが、今となってはiPhoneを街中で見かけない日はない。「ケータイ」も今や「スマホ」に置き換えられ、「ガラケー」と呼ばれるまでになってしまった。

進化したのはハードウェアだけではない。ソフトウェアも10年の時を経て劇的に進化している。

当時、コピペさえもできず、マルチタスクは夢のまた夢だった。そもそも初代iPhoneはApp Storeもなく、当然今や生活の必須コミュニケーションツールであるLINEも存在していなかった。iPhoneから家の鍵を開けたり、人の健康状態を管理したり、音楽をストリーミングしたりすることは10年前には想像できなかった。

世の中を大きく変えたiPhone。この先の10年、iPhoneがどのように世の中を変えてくれるのか、期待したい!