iPodのクリックホイールを参考に開発されたiPhone用OS「AcornOS」のプロトタイプが公開

Original iPhone OS

iPodのクリックホイールを参考に開発されたと思われるiPhone用OSのプロトタイプのスクリーンショットと動画Sonny Dickson氏が公開している。

初代iPhoneが世に送り出される前に、AppleはiPodでお馴染みのクリックホイールがベースとなったOSを検討。内部では「AcornOS」と呼ばれ、公開されているスクリーンショットには確かにどんぐりのスプラッシュ画面が表示されている。

iPodをデジタル化したようなUI、クリックホイールが特徴

このOSが初代iPhoneに採用される可能性があったということを考えるだけで恐ろしいが、当時、モバイル機器における大成功を収めていたiPodからUIのヒントを得るのはごく自然なこと。幸いにもこれが採用されなかったというだけで一安心である。

実際にプロトタイプを使用している様子を見ると「AcornOS」は上下に画面が分割され、上半分は小さい画面上に各種メニューや項目が表示されるエリアが表示され、その下にはクリックホイールらしきボタンが表示されている。まさにiPodのハードウェアをそのままデジタル化したようなUIになっている。

画面を見るとiOSにも採用されている項目もあれば、iPodでお馴染みの項目もあり、iPodを出発地点としていかにしてiPhoneに最適なUIを検討している様子が伺える。

The Vergeによると、当時、Steve Jobs氏はiPhoneのUIを考える上でiPodのUIを拡張するか、OS XのUIを縮小するかという2択で考えていたとのこと。当時の担当役員であるTony Fadell氏とScott Forstall氏はそれぞれのチームに提案させ、Fadell氏率いるiPodチームが出したボツ案が今回の「AcornOS」だったと見られる。

このことについて、なんとFadell氏本人が言及。Dickson氏が今回公開したスクリーンショットと動画は本物であることが確認された。

他にも多数のスクリーンショットが公開されているので、気になる人はこちらからどうぞ!