YouTubeアプリがiPhoneに標準搭載されなくなった理由

iPhoneには昔、YouTubeの公式アプリが標準搭載されていた。つまり、iPhoneを購入すれば、ホーム画面にはデフォルトで「YouTube」のアイコンがあり、タップするといつでもYouTubeを見ることができたのだ。

ところが、5年遡って2012年、「iOS 6」の「Beta 4」ではYouTubeアプリが消えた。この時大きな話題になり、「Youtube」アプリ提供に関するライセンス契約が終了したと報じられていたが、このことについて、かつてYouTubeで働いていたHunter Walk氏が一連のツイートの中でその理由を説明。

同氏曰く、YouTubeの公式アプリがiPhoneから標準搭載されなくなった理由は、決してAppleとGoogleの不仲が理由ではなく、Google自身がアプリをコントロールできるようにするために自ら志願したのだという。

AppleからYouTubeアプリの主導権を取り返したGoogle

裏を返せば、「iOS 6」まではGoogle自身がアプリをコントロールすることができていなかったのだ。Appleは初代iPhoneからGoogleにYouTubeに対する特別なアクセス権限を要求。

これは当時、ユーザーにiPhoneを購入する理由の1つとして「いつでもどこでもYouTubeが楽しめる」ということをアピールすることが目的だったのではないか、とHunter氏は分析している。

ただし、iPhoneに標準搭載される代わりに、アプリそのものはApple自身が開発していた。要は、Appleに握られていた自社アプリの開発主導権を取り返すため、Googleはアプリの標準搭載という特権を捨て、自らアプリを開発し、App Storeで配信。

その判断が功を奏し、現在ではYouTube公式アプリは無料総合ランキングで常に上位20位には入っている(記事執筆時点では17位)。

Googleは同年に「Google Maps」も標準アプリから取り下げ、純正の「マップ」アプリに切り替えている。脱Appleをしているような印象を受けるかもしれないが、Googleは「iOSデフォルト検索エンジン」の費用として、2014年にAppleに年間10億ドル支払っていたことが明らかになっている。

(via Business Insider

あわせて読みたい