Siri、最近ビートボックスを練習していることが判明し、話題に

Beatboxing Siri
使うことを覚えると意外と役に立つSiri。充電状態で無くても「Hey Siri」と呼びかけるだけで立ち上がるので、タイマーやアラームを設定するのにものすごく便利だ。ちなみに、「全部のアラームを消して」と言うと全てのアラームが消えるということを知って以来、アラームの設定は毎回Siriに頼むようになった。

さて、今回紹介するのはSiriのちょっとお茶目な裏技。「ビートボックスやって」と言うと「わかりました。実は最近こっそり練習しているんです…」と控えめ回答をしつつ、全力のビートボックスを披露。

是非自分でお試しあれ、と言いたいところだが、自分でやるのが恥ずかしいという人のために動画に収めたのでどうぞご覧あれ!

ビートボックスを披露してくれたSiri

g.O.R.iさん(@planetofgori)が投稿した動画 –

「ムカつくパンツか、くっつくパンツか」問題


途中、「これ、1日中ずっとできそうです」と一言入れつつ再度ビートボックスに戻るのだが、特にオチらしいオチはなく、2回目のビートボックスを全力で披露した後は無言で終了。なかなかシュールだ!

ところで何回も聞いていると「ムカつくパンツか、くっつくパンツか」と言っているように聞こえるのだが、皆さんはどうだろうか。僕もボイスパーカッショニストとしてやってみたが、確かに手軽にビートボックスを体験するのには良い言葉のチョイスかもしれない。

むかつくパンツか、くっつくパンツか

g.O.R.iさん(@planetofgori)が投稿した動画 –


皆さんもどうぞお試しあれ!

(via Cult Of Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!