米、Huaweiの禁輸措置は継続へーー汎用品輸出のみ容認

米国製品や米国からの輸出を認めるのは「一般的に入手できる場合」に限定

Huawei Logo

トランプ米大統領は6月29日、Huaweiに対する禁輸措置を解除する方針を明らかにしていたが、米国家経済会議のLarry Kudlow(ラリー・クドロー)委員長は30日、米国は同社を禁輸対象リストからは排除せず、汎用品の輸出のみ認める方針を明らかにした。

日本経済新聞によると、米国製品や米国からの輸出を認めるのは「一般的に入手できる場合」に限定するとして、現時点では半導体やAndroid OSが含まれるのかどうかは分かっていない。

米国内ではトランプ氏の制裁緩和に対し、米国の安保上のリスクを高めるとして反対の声が上がっている。

ストーリータイムライン
タグ#Huawei
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索