【レビュー】薄くて美しい!12インチ型MacBook(1.3GHz/256GB SSD)のスペースグレイモデルを買った!

新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

12インチのRetinaディスプレイを搭載した新しいMacBook未来を提示したApple渾身のネットブックだと思っている。では実際のところ、どうなのか。

確かに世間が期待していた「MacBook AirのRetinaディスプレイモデル」ではなかった。下位モデルは「iPad Air 2」と同等のCPU性能であること、CTOモデルは「MacBook Air (Early 2015)」と同等の性能であることなどを踏まえて、僕は発売開始されてから数日後に12インチ型MacBook(1.3GHz/256GB SSD)のスペースグレイモデルを注文することに!

ようやく手元に届いたので、世間からも高い評価を受けている美しい外観を中心に紹介する!

12インチ型MacBookのパッケージと同梱物をチェック

本体の外観を紹介する前に、今回僕が購入した12インチ型MacBookのスペックを載せておく。

  • 1.3GHzデュアルコアIntel Core M(Turbo Boost使用時最大2.9GHz)
  • Intel HD Graphics 5300
  • 8GB 1,600MHz LPDDR3 SDRAM
  • 256GB PCIeベースオンボードフラッシュストレージ
  • バックライトキーボード(US)

下位モデルである1.1GHzモデルのCPUを1.3GHzにアップグレードし、カラーはスペースグレイモデルにした。メイン機として使う気は全くなかったので、ストレージは256GBのまま。

それでは早速パッケージと同梱物から紹介する!

さすが12インチ!コンパクトで軽いパッケージ

届いたパッケージを見て最も驚いたのはパッケージのコンパクトさ。これまで「MacBook Pro Retina」の13インチモデルや15インチモデルを買ってきた身としては1kgにも満たない12インチ型MacBookの軽さは驚きだった。パッケージでこの軽さなので、実際に本体を持った時の軽さは並大抵ではないだろう。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

開けてみると……今回購入したスペースグレイモデルが!久しぶりに見るこのカラー、まだフィルムが付いている状態だが、とても美しい。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

箱からすべてを取り出し、並べてみた。本体の他、「USB-C」ケーブルと充電アダプタ、取扱説明書の入ったパッケージが含まれる。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

「USB-C」充電ケーブルとアダプタ

新しいMacBookの最大の特徴といえば、Apple製品で初めて「USB-C」を採用したということ。充電も外部ポートの接続も「USB-C」ポート1つで行うことができる。外部ディスプレイなどを利用したい場合は対応アクセサリーを購入する必要がある。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

これが充電アダプタ。非常にシンプルで良いが、この充電アダプタだとどちらの端子も「USB−C」になっているケーブルしか利用できず、使い勝手が悪い。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

片方を通常のUSBしてくれたら15インチ型「MacBook」から充電する、という使い方ができたのに……。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

Lightningケーブルと似ている、と言う人もいるが、リバーシブルなMicro USBケーブルの方が似ているような気がする。なお、本当かどうかは定かではないが「USB-C」はAppleが発明した技術であると言われている。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

ケーブルとアダプタを接続するとこのような形に。iPhoneをコンセントから充電する時と似たような感覚でMacBookを充電する。
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

スペースグレイモデルにはスペースグレイのスティッカー

12インチ型MacBookはカラーモデルごとに同梱されているAppleロゴスティッカーが異なると聞いていたが、確かに僕のMacBookにはスペースグレイのスティッカーが含まれていた。格好良い!
新しいMacBook(スペースグレイ)を買った

もっと読むMacBookまとめ