MacBook Air/Proの2020年モデル、USB 2.0アクセサリーが突然切断する不具合が発生中

各種リセットやMacの新規交換などは効果がなく、ソフトウェア側の不具合と見られる

イーサネット付き Satechi アルミニウムType-C Proハブ

MacBook Air(2020)および13インチ型MacBook Pro(2020)で、アダプタやハブ経由で接続したUSB 2.0アクセサリーが正常に動作しない不具合が報告されている。MacRumors Forumsの投稿によると、使用中に突然接続解除され完全に動作しなくなるという。RedditApple Communityでも同様の問題を指摘する声が挙がっている。

キーボードやマウスなどのアクセサリーが突然切断される不具合

不具合は、メーカーやアクセサリーの種類に関係なく発生中。USB 3.0およびUSB 3.1を使用するアクセサリーは問題なく動作するそうだ。SMCリセットNVRAMのリセットセーフブートディスクユーティリティ関連の修正、ユーザーアカウントの変更、OSの再インストール、端末の新規交換はいずれも効果が見られず、ソフトウェアの不具合と見られている。

MacRumors Forumsの投稿者は、第10世代Intel Coreプロセッサを内蔵した13インチ型MacBook Pro(2020)に、USB-CハブにHDMI経由で外部ディスプレイ、USBオーディオ・インタフェース、マウスを接続。不具合が発生するとオーディオ・インタフェースとマウスは切断されるが、外部ディスプレイへの接続は保たれるという。

Redditの投稿者は、Anker、Satechi、StarTech製ハブはいずれも問題が発生するが、Caldigit製ハブは構造が異なるため正常に動作したと報告している。

(Source: MacRumors

関連情報
更新日2020年06月18日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    これは前からよくありますね。
    Bluetoothなんかはスリープすると切れます。

「Macニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索