新しいM2 Maxチップのベンチマークデータが投稿。クロック数が向上、スコアも改善

M1 Maxに比べてマルチコアスコアは約22%向上している

M2 Max Benchmarks leaked again

Geekbenchよりキャプチャ

M2 Maxチップを搭載した未発表のMacのベンチマークデータが、Geekbench 5のデータベースに投稿されている。先日発見されたデータと同じ機種ID「Mac14,6」だが、動作クロック数が向上しており、スコアも改善されている。

動作クロック数は3.68GHz(3.54GHz)シングルコアスコアは「2027」(1853)、マルチコアスコアは「14888」(13855)。以前のデータと比べてスコアは7〜10%向上している。(カッコ内は以前のデータ)

ベンチマークデータによると、計測に使用されたM2 Maxチップは12コアのCPUと96GBのメモリを搭載している。M2 Maxは、新型14インチ/16インチMacBook Proに搭載されると噂されている。”超広帯域メモリ”を搭載し、2023年3月の発表が有力視されている。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2023年01月17日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「MacBook Pro」新着記事
トレンド検索