Apple、「プロ向けビデオフォーマット 2.2.1」を配信開始

プロ用のビデオワークフローで使用されるコーデックのサポートが追加

Pro video format update

Appleがシステムアップデートとして、「プロ向けビデオフォーマット 2.2.1」を配信開始した。再起動の必要はない。プロ用のビデオワークフローで使用される、以下のコーデックのサポートが追加される。

  • Apple ProRes RAWおよびProRes RAW HQ
  • Apple Intermediate Codec
  • Avid DNxHD® / DNxHR® Decoder
  • AVC-Intra 50 / 100 / 200 / 4:4:4 / LT
  • AVC-LongG
  • XAVC
  • XF-AVC
  • XF-HEVC
  • DVCPRO HD
  • HDV
  • XDCAM EX / HD / HD422
  • MPEG IMX
  • 非圧縮4:2:2

なおApple ProRes RAWおよびProRes RAW HQは、Metal対応のMacコンピュータが必要となっている。

Appleは3月6日、動画編集アプリケーションの最新アップデートを公開。Final Cut Pro 10.5.2、iMovie for Mac 10.2.3、Motion 5.1.1、Compressor 4.5.2をリリースしている。

関連キーワード
公開情報
更新日2021年03月06日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:598103)

    普通の動画形式は非可逆圧縮だから、書き出したら劣化する。
    プロ向けとか言ってるけど、普通の人にも使って欲しい。私はずっとApple ProRes4444だけど、Blackmagic RAWとか処理が軽くていいみたいですね(小声)

「macOS Big Sur」新着記事
トレンド検索