元Googleエンジニアが作った「Remix」はAndroidとMetro UIのいいとこ取りをした「Microsoft Surface」激似のタブレット

Remix
【img via Pocket-lint

Microsoft Surface」はMicrosoftであるということを除けば良い製品だと思う、という人のためのデバイスが誕生した。

Remix」はGoogleエンジニア3人が集まって作ったタブレットデバイス。キックスタンド搭載で取り外し可能な薄型キーボードが用意されている点はMicrosoft Surface」とソックリ。動作するのはもちろんAndroidをベースとした「Remix OS」だが、WindowsのMetro UIを取り入れている部分は多いようだ。

11.6インチ型ディスプレイ搭載の”ウルトラタブレット

3人が好きなデバイスの好きなところを寄せ集めたデバイス、という印象が強い「Remix」。Microsoftのハードウェアデザインや一部のUIは良かったものの、GoogleのエコシステムやAndroidの使い勝手も捨て難く、「だったら融合しよう」という結果であるような気がしてならない。

「Remix」は11.6インチ型ディスプレイを搭載し、解像度は1,920✕1,080ピクセル。RAMは2GB搭載し、プロセッサーは「Nvidia Tegra 4+1」を採用。重さは860g、バッテリーは8,600mAhとなっている。

Remix
【img via Pocket-lint

とにかく「Microsoft Surface」に似すぎている。後ろから見ると見分けが付かない。

Remix
【img via Pocket-lint

ハードウェアの酷似っぷりには驚かされるが、より衝撃が大きいのは「Remix OS」の方だろう。まさに「Android 5.0 Lollipop」と「Windows 8」のMetro UIを都合よく取り入れたデザインが採用されている。Windowsライクなタスクバーを画面下に設置し、各UI要素はフラットに。いいとこ取り、とはまさにこれのことだ。

Remix
【img via Pocket-lint

プロモーション動画も公開されているので、載せておく。「あらゆるデバイスを1つにできたら便利だよね」というのがアピールポイントのようだ。

ここまでやってしまうのは果たしてアリなのだろうか。Microsoftはもちろんのこと、Googleにもあまりいい顔はされない気がしてしまうが…。

(via 気になる、記になる…