【レビュー】お値段以上!スポーツ用ワイヤレスイヤフォン「Bluedio Q5」のコスパが高い!

Bluedio Q5 Sports Earphones
Apple Watch」を手に入れてから運動に目覚めたという人も多いのではないだろうか。自分の生活スタイルに合わせて目標を設定し、毎日達成を目指して日頃の生活の中に運動を見出すのは非常に効率的で楽しい。


iPhoneはポケットにしまったまま、必要な通知や情報は「Apple Watch」で確認する。となると、音楽もiPhoneから直接ケーブルを繋げるのではなく、無線の方が快適だ。グランスを活用すれば曲飛ばしや音量の上げ下げも「Apple Watch」からできることも大きい。


僕も普段からランニングしているのだがこれまで使っていた「JABRA SPORT WIRELESS+」が最近不調になってきたため、新たに「Bluedio Q5」という、僕がこれまで知らなかったブランドのスポーツイヤフォンを購入してみた。

「Bluetooth 4.1」対応で防滴仕様であるこのイヤフォン、価格はなんと1,999円(記事執筆時点)。騙されたつもりで買ってみたところ、思いの外良いことに感動!むしろ、特に悪いところが見当たらない!

もしかしたら今まで購入したスポーツイヤフォンの中で最もコストパフォーマンスが高いかもしれない!早速紹介する!

パッケージと色の差がありすぎ!機能は特に問題無し

購入時、僕は「Bluedio Q5」に大した期待をしていなかった。ワイヤレスのスポーツイヤフォンは基本的に高い。安いものはすぐ壊れるかバルク品のどちらかだと思っていた。

「Bluedio Q5」は「Bluetooth 4.1」に対応。音量の調整、曲飛ばしにも対応している他、マイクも搭載されているため走りながら通話することも可能。
Bluedio Q5 Sports Earphones
実際に開けてみるとイヤフォン本体と取扱説明書、そして大と小のイヤピースに加え、耳の中で固定する羽型のパーツが含まれていた。
Bluedio Q5 Sports Earphones
ハッキリ言おう。明らかにパッケージと色が違うではないか!Amazonの商品写真と比較すると実製品との違いは顕著で、イヤピース部分は灰色ではなく真っ黒、グリーンの部分も緑色が強いカラーとなっている。
Bluedio Q5 Sports Earphones
想像していたよりもゴツゴツした形をしている。耳に収まるかどうか不安を感じつつも、製品そのもののクオリティは悪くなさそうで一安心。
Bluedio Q5 Sports Earphones
この凹みの部分に羽型のパーツを取り付け、走っている時に耳の中に固定されるようにする。
Bluedio Q5 Sports Earphones
こちらは左耳のイヤピースだが、右耳のイヤピースで写真にある緑色の部分を長押しすると電源が入り、長押しすると電源が切れる仕様。連続使用時間は約7時間
Bluedio Q5 Sports Earphones

羽型パーツを取り付け、イヤピースを小型のものに差し替え

羽型パーツを取り付けなければ耳の中で固定されないため、使う前には必ず行わなければならない作業なのだが、これが思いの外時間が掛かる。特に僕は小型のイヤピースに差し替えたのだが、それがなかなかフィットせず、悪戦苦闘した。フィットさせるのが大変ということは、簡単に外れないということだと自分に言い聞かせ、数分間格闘した末出来上がったのが以下。
Bluedio Q5 Sports Earphones
羽の向きなどはパッケージの写真を参考に付けてみた。この状態で問題なく使用することができたので問題ないはず。

右のイヤピースには各種ボタンが揃っている。イヤピースの裏にある三角形のボタンは先ほど紹介した電源ボタン。端末とペアリングする際にもこのボタンを長押しすることによってペアリングモードに入る仕組み。上にあるのが音量ボタン。
Bluedio Q5 Sports Earphones
上にはMicro USBポートを搭載。ケーブルを接続して充電する。
Bluedio Q5 Sports Earphones

音がクリア!音飛びも無し!付け心地も良好!

1,999円で購入した「Bluedio Q5」。ワイヤレスイヤホンは良ければラッキー、イマイチであれば仕方ない、という気持ちで買ったものの、結果的に「買って良かった」と思える商品だった。全く期待していなかったので、本当に意外だった。

まだ片手で数えられるほどしか使っていないが、付け心地は良い。羽型パーツのお陰でイヤフォンはしっかりと耳の中に固定され、走っていても飛び出すことはない。

ランニングする時はポッドキャストを聴くことが多いが、音質は非常にクリアで音飛びも一切無い。試しに音楽も再生してみたが、これもまた意外と悪くない!なんてこったい!

よって、「Bluedio Q5」は非常にコストパフォーマンスが高いスポーツイヤフォンだと言っても問題無いだろう。

ただし、気になるのは持ち具合。どの程度使い続けることができるかどうかは現時点では分からない。特にこれからの季節はちょっとしたランニングでも汗だくになること間違いなし!「Bluedio Q5」が今夏を超えられるか、楽しみだ。

「Apple Watch」を手にして運動に目覚めた皆さん!とりあえず使えるスポーツ用ワイヤレスイヤフォンが欲しい、という人にはオススメ!目標消費カロリー達成に向けて頑張りましょう!


過去に試したイヤフォンのレビュー記事も参考にどうぞ

僕は日頃からランニングをしているのでこれまでランニング用イヤフォンを数本試してきた。今回紹介した「Bluedio Q5」が最もコストパフォーマンスが高いことは間違いないが、他にも見てみたいという人は以下の記事を参考にどうぞ!

【レビュー】激しい運動でも抜けない!「JABRA SPORT WIRELESS+」はフィット感抜群の耐水ワイヤレスイヤフォン


【レビュー】運動中もOK!Jabra製の防滴・防塵のワイヤレスイヤフォン「STEP WIRELESS」を買ってみた!


防水仕様でリモコン付き!ゼンハイザーの「PMX 685i SPORTS」は運動用イヤフォンとして死角なし!


【残念無念】みんなが絶賛する運動用Bluetoothイヤフォン「JayBird BlueBuds X」、僕にはどうしても合わなかった


運動用防水イヤフォン!「SENNHEISER(ゼンハイザー) MX685 SPORTS」は付け心地も音質も申し分なし!


運動用としても使える、価格が安い耳掛け型イヤフォン「MEElectronics M6-BL」レビュー


ランニングに使える防水イヤフォン!「PHILIPS(フィリップス)抗菌防水仕様スポーツ向け ネックバンドヘッドフォン」レビュー

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!