【レビュー】「Creative T12 Wireless」ーー「apt-X」対応、ワイヤレスでも高音質なBluetoothスピーカー

Creative T12 Wireless
最近何かとMacBook Airで作業していることが多いのだが、MacBook Airの内蔵スピーカーで流すBGMは少し物足りない。でもそのためにわざわざMac miniに接続するのも面倒。

そこで、僕が考えついたのはBluetoothスピーカー。これならば内蔵スピーカーよりも音に迫力がある上に無線で音を飛ばすことができる!Amazonで物色した結果、先日「CREATIVE T12 Wireless」を買ったのでレビューする!!

Creative T12 Wireless デスクトップ ステレオワイヤレス スピーカーシステム Bluetooth SP-T12W
クリエイティブ・メディア (2010-09-16)
売り上げランキング: 379

価格も手頃で「APT-X」対応のBluetoothスピーカー

CREATIVE T12 Wireless」はBluetoothスピーカーとしての評判も良く、値段も手頃。何よりも「apt-X」に対応ということで迷う余地は無かった。
Creative T12 Wireless
本体、電源コード、取扱説明書の3点が同梱されている。
Creative T12 Wireless
電源コード!
Creative T12 Wireless
そしてこれが本体だ!光沢がオシャレ!
Creative T12 Wireless
サイズも想像以上にコンパクト。iPhone 5より少し大きい程度だ。
Creative T12 Wireless
側面はシンプルにマット非光沢仕上がりになっている。
Creative T12 Wireless
これぞスピーカー!
Creative T12 Wireless
右側のスピーカーに電源/音量ボタン、ヘッドフォンジャック、Bluetoothボタンを装備。
Creative T12 Wireless
右側のスピーカーの背面には電源端子と左のスピーカーと繋ぐ端子の他、有線のアナログライン入力も用意されている。
Creative T12 Wireless
背面は低周波数域を強化するBassFlex技術を実現するパーツ。
Creative T12 Wireless

内蔵スピーカーと音質を比べてみることに!

外観はだいたいお分かり頂けたと思うが、写真と文字だけでは肝心な音が分からない!そこで、今回はMacBook Airの内蔵スピーカーと「Creative T12 Wireless」の音を比較する映像を撮影してみた!

MacBook Airの内蔵スピーカー

まずは内蔵スピーカーの音をどうぞ!曲は最近マイブームであるJustin Beiberの「Beauty And The Beat」。




「Creative T12 Wireless」の実力

では次に「Creative T12 Wireless」をどうぞ!



明らかに音質、音量ともに違いがあるのがお分かりいただけるだろうか!これが「apt-X」対応Bluetoothスピーカーの実力である!!

高音質でBGMを垂れ流しながら快適に作業ができる!

やはり流れてくる音楽の音質が良いと作業に集中できるような気がする。「apt-X」対応で多くのメディアから高評価を得ている「Creative T12 Wireless」はかなり満足感の高い買い物だった!

いちいちイヤフォンジャックにコードを刺すことなく、高音質な音楽を流すことができるワイヤレスBluetoothスピーカーを探し求めている人は是非ともオススメしたい!

Creative T12 Wireless デスクトップ ステレオワイヤレス スピーカーシステム Bluetooth SP-T12W
クリエイティブ・メディア (2010-09-16)
売り上げランキング: 379

Bluetoothでも高音質を実現!MacBook AirやMacBook Proで「apt-X」を利用できるようにする方法

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!