AirPods Pro 2、Lightningポートを引き続き搭載か

主要製品として脱中国、メイド・イン・ベトナムに成功

Kreeson naraidoo Dwz Cmllk3w unsplash

AirPods Proの第2世代モデル(AirPods Pro 2)は、現行モデルと同じくLightningポートを搭載する可能性がある。Apple情報に詳しいアナリストMing-Chi Kuo氏は、2023年にiPhoneのUSB-C化Lightningポート搭載製品のUSB-C化も続くと予想していた。

AirPods Pro 2」は、2022年後半にベトナムで大量生産を開始する。Appleの主要製品として、初めて中国国外での生産に成功した事例になるという。

噂によると、「AirPods Pro 2」はApple Lossless Audio Codec(ALAC)をサポート。Appleのリーク情報を発信しているJon Prosser氏は昨年5月、AppleがWi-Fi接続(AirPlay)を使用した新しいコーデックに着手していると明らかにした。

Ming-Chi Kuo氏のツイート

AirPods Pro 2の噂

7本の記事を表示する
関連キーワード
公開情報
コメント(3件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:628574)

    もうタイプCじゃないなら買わないと決めた
    iphoneもね

  2. 通りすがりの読者(コメントID:626828)

    ステムがなくなる分バッテリーライフ伸びなかったり少なくなったら残念だな
    個人的には音質よりバッテリーが伸びてほしいから

  3. Kazuharu(コメントID:626796)

    ステムは廃止されなくてよかったです、逆にステムをなくすと、イアホンを正しく装着することが難しくなるだけでなく、イアホンを装着・取り外しする時にステムがないと持ちづらくなるからです。そしてLightning続役は残念です。

「AirPods」新着記事
トレンド検索