【レビュー】AirPods、意外と良いかも?!感動はケースを開いた瞬間!音質は価格相応、付け心地はEarPods

Apple AirPods Wireless Earphones

ついにApple純正ワイヤレスイヤホン「AirPods」が発売開始された。僕も発売開始直後に予約することに成功し、無事19日に受け取ることに成功した。

「AirPods」は税別16,800円。一般的な耳栓型ワイヤレスイヤホンと比べると価格はリーズナブルだが、実際の音質や使い勝手はどうなのか。使い始めて1日しか経っていないが、正直なところ、購入前抱いていた印象よりは断然良い。いや、むしろ結構気に入っている。

想像していたよりも音のバランスが良く、予想していたほど音質に対する不満がない。幸いにも形状が僕の耳と合うためフィット感も良好。何よりも本体がたった4gしかなく軽いため、耳に入れていることを忘れるほどだ。

それでは早速紹介する!

パッケージはいつも通りシンプル!サイズの割に大きい

完全に新しい製品ということでパッケージも紹介しておく。白背景に製品が中央にドーンと写されているパッケージデザインは変わらず。
Apple AirPods Wireless Earphones

側面には「AirPods」。
Apple AirPods Wireless Earphones

箱を開けてみると本体といつもの取扱説明書たちが入っていた。取扱説明書を一回り小さくすればパッケージももう少し小さくなる気が!
Apple AirPods Wireless Earphones

最大の感動ポイントは間違いなくペアリングする瞬間だ!

「AirPods」の最大の魅力であり、最大の感動ポイントは間違いなくペアリングする瞬間

従来のBluetoothイヤホンをペアリングする場合、まずはイヤホンをペアリングモードにし、iPhoneでBluetoothの設定を開いてイヤホンを選び、初めてペアリングが完了する。もちろん、同じイヤホンをMacやiPadで使う場合は同じ作業を繰り返す必要がある。

「W1」チップを搭載している「AirPods」にはそれが不要だ。専用ケースの蓋を開いた瞬間、iPhoneが「AirPods」を認識するのだ。
Apple AirPods Wireless Earphones

この感動は既に「Beats Solo3 Wireless」で体験済みだったが、やはり2回目も感動した。

ロック解除し、ペアリング完了した画面がこちら。「AirPods」本体の電池残量は79%、ケースの電池残量は74%だった。「AirPods」を耳に入れ、音楽を再生すればすぐに聴くことができる。センサーが搭載された関係で、「R」と「L」が刻印されていた場所がイヤピースではなく茎の部分に移動している。
Apple AirPods Wireless Earphones

「AirPods」とケースの外観をチェック

Apple AirPods Wireless Earphones

感動のペアリングを見ることができたので、続いて本体の外観を紹介する。

まずは充電ケース。15インチ型「MacBook Pro」の巨大なトラックパッドに載せるとこのようなサイズ感に。ハッキリ言って物凄く小さい。充電ケース本体の重さは38g。
Apple AirPods Wireless Earphones

充電ケースを使用すれば「AirPods」は24時間以上使い続けることができる。ケース本体はLightningポートが用意され、充電することができる。
Apple AirPods Wireless Earphones

裏側には「Designed by Apple in California Assembled in China」と書かれている。
Apple AirPods Wireless Earphones

「AirPods」は1回のフル充電で5時間再生することが可能。充電ケースで15分充電するだけで3時間再生できるようになる高速充電機能も備わっている。
Apple AirPods Wireless Earphones

これが「AirPods」本体だ。まさに「EarPods」のケーブルを無くしたような見た目をしている。ケーブルがあった場所にはマイクが設置され、ダブルタップすることによってSiriを起動させ、音声でiPhoneを操作することができる。
Apple AirPods Wireless Earphones

Apple AirPods Wireless Earphones

Apple AirPods Wireless Earphones

もっと読むAirPodsまとめ
FOLLOW / 最新情報を購読