北海道で震度7の強い地震が発生ーー被害状況の分かる写真まとめ

Sapporo Hokkaido Earthquake

本日9月6日、北海道にて最大震度7の地震が発生した。朝日新聞デジタルによると、気象庁は正式名称として「平成30年北海道胆振(いぶり)東部地震」と名付けたと報じている。

日本気象協会によると、発生時刻は3時8分頃、震源地は北海道胆振地方中東部、マグニチュードは6.7と報じている。津波の心配はないとのこと。

気象庁地震発生後1週間程度、最大震度6強程度の地震に注意するよう、指摘。過去の事例を見ても、地震発生後数日以内(2〜3日程度)には規模の大きな地震が発生することが見られている。

なお、6日4時50分時点においても震度1以上を観測した地震が12回(最大震度4が1回、最大震度3が4回、最大震度2が4回、最大震度1が3回)発生しているとのこと。

NHKニュースによると、北海道全域で停電。復旧の時期は見通せていないとのこと。

僕自身も現地に複数の知人がいるが、安否は確認できたものの、余震を含めて今後も油断が許されない状況だ。

状況を知るべくTwitterに投稿されていた現地の写真をまとめた。北海道以外にいる人は現状を知るためにどうぞご覧あれ。

震源地は北海道胆振地方中東部、最大震度は6強

札幌の現在の様子が投稿され、状況の大変さが伺える。

新千歳空港も大変なことになっている。

札幌市東区では道路が陥没しているとの情報。

液状化現象が起きているとの報告も多数確認できている。

こちらは百合が原から栄町に向かう通りを撮影したもの。

安平の道路がガタガタになり、とてもではないが車が通れる状況ではなくなってしまっている。