リゾナーレ那須:4歳と2歳の娘が楽しめるアクティビティが盛り沢山

子どもが楽しめるアクティブが多数用意、多くは予約不要・参加無料

Risonare Nasu Activities

リゾナーレ那須は子連れファミリーが多く、子どもの扱いに慣れているスタッフが多い。子どもが挨拶をすれば、マスクをしていることを忘れるほど素敵な笑顔で返してくれる。食事中も子どもに味について聞いてくれるし、持ってきたぬいぐるみについて話を聞いてくれる。

子ども慣れしたスタッフが多い施設だからこそ、子どもが楽しめるアクティビティも多い。本記事では僕らが参加させてもらったものを紹介する。

キャンドル取り作り

多くのアクティビティは、アクティビティ施設「POKO POKO」内で行われる。キャンドル作りは、あくまでも材料が用意されていて「ご自由にどうぞ」で楽しむもの。工作好きな子どもたちは真剣に作っていた。
Risonare Nasu Kids Activities 01

ネット遊具&ボールプール

POKO POKOの中には、ボールプールに囲まれた高さ6.5メートルのネット遊具がある。行った当時は現地で名前を記入する予約制で、10〜20分程度しか遊べなかった。子どもにとっては物足りない時間だが、「ネット遊具以外のアクティビティも楽しんでね」というメッセージを込めた時間なのかもしれない。
Risonare Nasu Kids Activities Rooftop 03

もちろん大人も登れる。外は寒かったが、天井から降り注ぐ太陽は暖かい。思わずくつろいでしまった。
Risonare Nasu Kids Activities Rooftop 01

石窯ピッツァづくり

ピザではない、ピッツァだ。そんなことはどうでも良くて、野菜の入ったボックスと生地を受け取り、好きな野菜をトッピングして自分のピザ……じゃないピッツァを焼く「石窯ピッツァづくり」を体験した。作って楽しい、食べて楽しい。

価格は1枚2,000円。朝食と夕食を、どちらもリゾナーレ那須のビュッフェ「シャキシャキ」で盛り沢山食べるため、胃を休めるという意味で昼はこのピザで済ませられたのは良かった。所要時間もわずか15分で、子どもたちも十分に集中力を保っていられる。

娘たちにとって、ピッツァ作りは工作そのもの。どの野菜をどこに配置するのかを真剣に考える姿は、ピッツァ生地という名のキャンバスにアートを作っている画家のようだった。ヨッ、将来有望な芸術家!
Risonare Nasu Kids Activities 04

僕も、生地がうまく伸びなかったり、ソースの広げ方が甘かったり、スタッフの人に優しく苦笑いされながら楽しんだ。僕が作ったのは芸術家気取りの「ピザ」だったが、子どもたちが作ったのは「ピッツァ」に違いない。これがセンスの違いだ。良いんだ、料理好きの母のセンスをしっかり引き継いでいてよろしい。
Risonare Nasu Kids Activities 05

できあがったピッツァがこちら。めちゃくちゃ美味しそうでしょう!実際に美味しかった!
Risonare Nasu Kids Activities 07

子どもたちにとっても、自分が作ったピッツァを喜びつつ、家族が作ったものを褒めつつ、お互いの頑張りを称え合う素敵なファミリーランチとなった。最高かよ。
Risonare Nasu Kids Activities 09

焚火でおやつづくり(マシュマロ焼き)

長女が何よりも楽しんでいたのは、焚火でのマシュマロ焼き。過去にリゾナーレ熱海で体験して以来、機会さえあればマシュマロを焼きたいと訴えていたので実現できてよかった。

Risonare Nasu Kids Activities 11

参加は無料。POKO POKO広場の前で行う。焚火でおやつ「づくり」という名目だが、子どもたちは「食べる」ことさえできれば満足。親が本気になりマシュマロの焼き加減を競い合い、少し離れた位置で子どもたちが出来上がりを待つ、という構図になっていた。あるあるだよね。

森のクラフト作り、オリジナルハーブティ作り

マシュマロに満足したあとは、アグリガーデンのグリーンハウスへ移動。サシェやオリジナルハーブティ作りを楽しんだ。予約不要、無料で利用できる。

これがグリーンハウス内。端には様々なハーブが植えてある。
Risonare Nasu Kids Activities 12

乾燥させたホーリーバジルの茎を敷いたドーム型の自然ベッド。子どもたちが大喜びすると思いきや、意外と工作やブロック遊びのほうが面白かったらしい。
Risonare Nasu Kids Activities 14

奥から入口のほうを撮った様子。ものすごく広い。
Risonare Nasu Kids Activities 17

僕はオリジナルハーブティ作りにチャレンジ。
Risonare Nasu Kids Activities 16

用意されていたハーブは、ハイビスカス、スペアミント、レモングラス、ルイボスの4種類。好みのものを混ぜる。
Risonare Nasu Kids Activities 15

欲張りゴリラの僕は、「すべての効能を1つに」と絶叫しながらすべて混ぜたものを飲んだが、複雑で体調が良くなりそうな味だった。癖のあるお茶でも飲めるタイプなので、ハーブティーの世界は楽しいかもしれない。
Risonare Nasu Kids Activities 13

次女はブロック遊びに集中している横で、長女はサシェ作りに励んでいた。サシェとはフランス語で「香り袋」。ドライフラワーやハーブなどの香料を入れて包んだものだ。
Risonare Nasu Kids Activities 20

完成品がこちら。可愛い!パパの分として作ってくれたものがあるはずなのだが、一体どこへいったのだろう。
Risonare Nasu Kids Activities 18

小さい子連れでも十分に楽しめるアクティビティ多数

リゾナーレ那須のアクティビティは、基本的にパパとママから離れずに遊びたいという、4歳と2歳の恥ずかしがり屋な娘たちにとって最適だった。

朝の森さんぽから始まり、キャンドルを作りながら時間を潰し、ネット遊具とボールプールで遊んでから、ピッツァ作りに励み焼き立てのマシュマロをデザートに食べる。お腹が満たされてからはハーブティとサシェ作りを楽しんだ。インドアからアウトドアまで幅広く活動できた充実の1日で、親としても満足度が高い

行きで3時間、帰りは渋滞に巻き込まれ4時間半以上もかかったが、リゾナーレ那須は行ってよかった。子どもたちも写真を見返しては「また行きたい」と言っている。タイミングが合えば、また行こうね。

ギャラリー

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. Apple大好きマン(コメントID:625376)

    パパミーを読むといつもとてもほっこりします。子育てって大変そうですがやりがいの楽しさも感じます。

「子どもと遊ぶ・お出かけ」新着記事
トレンド検索