eufyのデスクランプ「Lumos E1/A4」をチェック【ハンズオン】

Eufy Anker Japan Home Electronics

今回発表された製品群の中で完全に新しいジャンルだったのはデスクランプの「eufy Lumos」シリーズ。

発表されたのは「Lumos E1」という上位モデルと「Lumos A4」という下位モデル。違いはカラーモードと照度設定の種類の差と、USBポートの有無。非常に手の出しやすい価格で使い勝手の良さそうなデスクランプという印象を受けた。

シンプルな操作性、程良い高級感のある外観

実物を見た印象としては非常に作りもしっかりしていてAnkerらしい洗練されたデザインを採用。カラー調整と照度調整は土台にある円形のボタンをタッチ操作することによって変更することができる。特に操作用のラベルは無いが、一度触ればすぐに使い方は分かる。

上位モデルである「Lumos E1」は5段階のカラー調整と6段階の照度調整が可能。底面にUSBポートが2つ搭載され、Anker独自技術である「PowerIQ」に対応。接続されたデバイスを急速充電することができる。下位モデルである「Lumos A4」は4段階のカラーモードと5段階の照度設定となっていて、USBポートは搭載されない。

いずれも回転式LEDパネルとデュアルヒンジアームが搭載され、あらゆる角度に向けることができる。従来製品よりも25%も長い50,000時間の照射寿命を実現しているため、日頃の生活を明るくしてくれる。

「Lumos E1」が5,980円で11月上旬に発売予定、「Lumos A4」は10月5日から3,480円で発売開始予定となっている。

Eufy Anker Japan Home Electronics

Eufy Anker Japan Home Electronics

Photos by @susipaku