Twitterの認証済みバッジ、米選挙終わりまで”お金で買えない”可能性

Twitter Blueの提供時期を延期、米中間選挙が終わった翌日の11月9日にリリースか

Akshar dave mkTqZN1NzhY unsplash

Twitterは新しいTwitter Blueの提供開始時期を延期する可能性がある。The New York Timesが確認した内部メモによると、米中間選挙が終了した翌日の11月9日に正式リリースするという。

TwitterのiOS公式アプリは6日、最新版にアップデート。月額7.99ドルを支払うことで、誰でも”青いチェックマーク”こと認証済みバッジを取得できる機能が実装されていたが、すぐに取り下げられた。

米中間選挙における混乱を防ぐために延期した可能性

認証済みバッジは、政治家や著名人など「世間一般の関心を引くアカウントが本物であることをユーザーに知らせるためのもの」と定義づけられていた。誰でも取得可能になったことで、フェイクやパロディアカウントに識別が難しくなり、中間選挙において混乱を招く恐れがある。

認証済みバッジをすべてのユーザーに提供する方針を撤回する可能性は低く、代わりに”お金で買えない”「公式アカウント」と書かれたバッジを準備している模様だ。

すでに政治家に適用されており、タイムライン上でも確認できるが、チェックマークに比べて視覚的インパクトが薄い。現在の認証済みバッジの役割を代用するのであれば、チェックマーク以上にアピールするデザインの採用が必須になるだろう。

(Source: The New York Times via The Verge

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:648250)

    成り済ましが現れるのはマスク君が身をもって証明しちゃったからね

「Twitterニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索