学生みんなが特待生。

ニューヨーク在住の27歳アーティスト、「透明のアート」を展示し大盛況

InvisiArt Banner
【img via CBC Radio

27歳のアーティスト、Lana Newstromさんが今ニューヨークで話題だ。というのも、彼女の制作した展示物は見えないのだ。

これは嘘のような本当の話。彼女が展示している「透明のアート」を見るためにコレクターは集まり、「見えない作品」を購入しているそうだ。

「目に見えないからと言って製作時間が掛かっていない訳ではない」

目に見えない作品を展示し、売る。そしてコレクターは買う。僕の感覚では意味不明としか言いようがないが、アートの世界ではあり得る話なのだろうか…。

Newstromさんは自身の作品について以下のようにコメントしている。

Just because you can’t see anything, doesn’t mean I didn’t put hours of work into creating a particular piece

「目に見えないからと言って製作時間が掛かっていない訳ではない」と語っているが、それも僕にはイマイチ感覚がよく分からない。目に見えない制作物に時間を掛けて制作するというのは…つまり何をしてるんだ?

アートは想像力が重要。私の作品は目にする人の想像力を求める。目の前に絵画や彫刻があることを想像しなければならない」と同氏は続く。それって…言った者勝ちでは…?!

これを自信満々で語るNewstromさんもよく分からないが、それを見るために集まる人も購入する人もよく分からない。僕にはさっぱり理解できない世の中だ。

(via CBC Radio