「Apple Watch」、開発中とされるOSアップデートの詳細情報が明らかに

Apple Watchのアップデートが近い?!
Apple Watch」が登場してから早1ヶ月も経った。僕自身含め、多くの人が今後の改善に期待はしつつも現状は不足点もあることを指摘している。


次期「Watch OS」には一体どのような機能が追加されるのだろうか?!9To5MacApple Watch」初のOSアップデートに関する詳細情報の他、6月に発表されると噂されている新型「Apple TV」に関する情報を公開していたので紹介する!

Apple Watch」に関する詳細情報

「Find my Watch(Watchを探す)」機能の用意

まずAppleが「Apple Watch」のアップデート内容として用意しているのが「iPhoneを探す」機能と似た「Find my Watch」機能を用意している。自身のWatchを見失った時に音を鳴らしてくれる他、盗まれた際に「Apple Watch」上のデータをリモートで消去する機能も用意されている。

さらに、iPhoneを忘れたまま出掛けてしまったことを「Apple Watch」が振動することによって知らせる機能「Smart Leashing」も準備しているとのこと。

情報元によると、これらはワイヤレスチップが必要になるなど技術的なハードルがあるため利用できるようになるのはしばらく先になりそうだ。

健康とフィットネスアプリのアップデート

健康とフィットネスアプリもアップデートが準備されている。具体的には通常の心拍数と比べて唐突な変化がある場合にユーザーに知らせる機能。ただし、これは信頼性やレギュレーションなどのハードルがあるため、実現しない可能性もある。

HealthKitResearchKitなどの発表からも分かる通り、Appleは健康管理に力を入れている。現時点では心拍数の測定のみとなっているが、血圧の測定や睡眠解析機能の対応、そして将来的にはそして血中糖度センサーの搭載も検討しているそうだ。

サードパーティアプリに関するアップデート

ネイティブアプリが今秋に解禁されるということは明らかになっているが、アプリだけではなくコンプリケーションも提供する予定であると言われている。特定のアプリの最新情報を文字盤に直接置くことができることによって、ユーザーは時計を見るタイミングで最新の情報を確認することができる仕組み。

Apple TV」に関する詳細情報

Apple-TV-11.jpg
「Apple Watch」に関する最新情報の他、次期「Apple TV」に関する情報も明らかになっている。

「WWDC 2015」で「Apple TV」の新モデルが発表されることはほぼ確実となっていて、本体が新しくなる他、使い勝手の悪さには定評のあるリモコンも新しくなる見通し。


次期モデルはSiriとサードパーティアプリに対応する他、デベロッパーには新たに「TVKit」なるものが提供されるとのこと。

本体は現行モデルよりも二回り大きくなるとのことだが、現行モデルよりも薄型化されると伝えられている。薄く、平べったく、細長いデザインになるということなのだろうか。内部ではハードウェアのコードネームは「J34」、OSのコードネームは「MonarchTide」と名付けられている。

(via 9To5Mac

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Super Mario Run、セキュリティ上の理由でオフラインモードは提供せず
  2. 「AirPods」の発売遅れ、理由は技術的な問題?量産の問題?
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【サイバーマンデー】Ankerの人気モバイルバッテリーやUSB急速充電器、高耐久ケーブルが特価販売中!
  5. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール5日目の特選品