綺麗で清潔に保つ!「Apple Watch」の本体とバンドのお手入れ方法

Apple Watch Cleaning 01
Apple Watch」は一応、腕時計だ。技術的に考えると1、2年後にはあらゆる面において進化していることは間違いないだろうと思いつつも、可能であれば長く使い続けたい。

長く使うためには定期的にお手入れをする必要がある。特に普段の生活の時だけではなく、フィットネスウェアラブルデバイスとしても活用している場合はしっかりと汗を拭き取らなければ、冷静に考えて不潔だ。

AppleサポートにはApple Watch」の本体ならびにバンドのお手入れ方法が記されていたので、そのやり方を紹介する!

「Apple Watch」本体のお手入れ方法

まずは「Apple Watch」本体のお手入れ方法を紹介する。以下の手順にそって日々クリーニングを行い、綺麗に保ちましょう!

  1. 「Apple Watch」の電源をオフにする。
  2. 「Apple Watch」を充電器に載せている場合、外す。
  3. 糸くずの出ない柔らかい布を使用し、汚れを拭き取る。必要に応じて綺麗な水で布を軽く湿らせるのも問題ない。
  4. 布で「Apple Watch」をしっかりと拭き取り、乾かす。

水の中に浸っていても問題ないとは言え、「Apple Watch」は所詮、耐水仕様。しっかりと汚れを取るためには濡れた布で拭き取る作業を行った方が良さそうだ。特にこれから汗ばむ季節となっているので、毎日、風呂あがりに身体を拭いたタオルで軽く磨いてあげるだけでも十分効果的かもしれない。


一部の超綺麗好きな人は愛する「Apple Watch」のために石鹸や洗剤を使って磨きたい、という人もいるかもしれないが、これについてはAppleは非推奨だとハッキリと明記されている。水拭きで十分、ということなのだろうか。

Apple Watch に石鹸や洗剤、研磨剤は使わないでください。エアダスターや、ヘアドライヤーなどの外部熱源は、Apple Watch に損傷を与える可能性があります。

via Apple Watch のお手入れと装着方法 – Apple サポート


ARIA アリア クリーニングクロス CC-500    NB
ARIA
売り上げランキング: 34

バンドのお手入れ方法

「Apple Watch」本体をお手入れするだけでは不十分だ。当然、バンドそのもののお手入れも欠かせない。

バンドに関してはレザーバンド・ナイロンバンドとそれ以外で方法が異なる。というのも、レザーバンドとナイロンバンドは他のバンド異なり耐水性が無い。変色することはもちろん、皮膚のかぶれや炎症の原因にもなるので少しお手入れ方法が異なる。

全てのバンドは共通して「Apple Watch」本体をお手入れする時に使用した布でバンドの汚れを拭き取ることが勧められている。必要に応じて綺麗な水で布を軽く湿らせるのも問題ない。

レザーバンド・ナイロンバンド以外は「Apple Watch」本体と同様に拭いて乾かすよう書かれているが、レザーバンドとナイロンバンドに関してはバンドを自然乾燥させるよう明記されている。ただし、直射日光や高温多湿な環境に置くとバンドが損傷する可能性もあるので、気を使う必要がありそうだ。

毎日身につけているからこそ、しっかりとお手入れをして長く使い続けられるようにしましょう!



オススメ
Apple-Watch-Cleaning-01.JPG

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. iPhone-6s-In-Depth-Review-15.jpg
    「iPhone 6s」の電源が突然落ちる不具合、製造工程に問題があったと判明
  2. iphone6s-shutdown.png
    Apple、「iPhone 6s が突然シャットダウンする問題に対するプログラム」ページを公開、シリアル番号で確認可能に
  3. macbook-pro-2016-gpu-freaking-out
    「MacBook Pro (Late 2016)」のGPUに関する不具合、影響範囲が拡大中
  4. 25-more-hidden-ios10-features.png
    「iOS 10.2 Beta 5 / Public Beta 5」、配信開始
  5. delete-iphone-else-top.jpg
    【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法