iPhone不要!Wi-Fiに接続した「Apple Watch」で利用できる機能まとめ

Apple Watch Without Wi-Fi
iPhoneとセットで利用することが前提とされている「Apple Watch」だが、実はWi-Fiに対応している


ではiPhoneとのペアリングが解除された状態で「Apple Watch」がWi-Fiに接続されている場合、何ができるのだろうか。iDownload BlogWi-Fiに接続した「Apple Watch」で利用できる機能を取り上げていたので、紹介する!

メッセージの送受信

Apple Watch Without Wi-Fi
iPhoneとペアリングが解除されていても「Apple Watch」でメッセージの送受信をすることができる。過去にiPhoneで接続したことがあるWi-Fiネットワークであれば「Apple Watch」しか手元になくてもメッセージの閲覧ができるという。

これはある意味便利かもしれないが、「Apple Watch」の入力インタフェースは基本的に音声入力。人目が気にならなければ活用できそうだ。

スケッチや「Digital Touch」の送受信

Apple Watch Without Wi-Fi
メッセージの送受信が対応しているということは、スケッチ機能や「Digital Touch」も利用できる。「Apple Watch」に話しかけるのが恥ずかしいという人は活用するべし!

Apple TV」のリモコンとして使用

apple-tv-air-4.jpg
一度「Apple TV」と設定していればiPhoneとペアリングされていなくても「Apple Watch」で操作することができる。iPhoneの電池が切れてしまっても自宅の「Apple TV」は操作できる。

Siriを利用した各種機能

Apple Watch Without Wi-Fi
「Apple Watch」を様々な場面でSiriを活用することができるが、iPhoneがなくてもこれらの機能は利用できる。

リマインダーを作成

不思議なことに「Apple Watch」には「リマインダー」アプリは用意されていないが、Siriを利用して新規リマインダーを作成することができる。アプリがないため確認することはできないが、iPhoneと再度ペアリングした際にiCloudと同期される仕組み。

カレンダーを作成

リマインダーを作成できるということは当然、カレンダーも作成することができる。ただし、唯一の違いは「Apple Watch」は「カレンダー」アプリが用意されているため、Siriで登録した予定は「Apple Watch」でも確認できるということ。iPhoneと再度ペアリング後、iCloudと同期される。

各種質問や情報に回答

SiriはiPhone無しでも基本的な質問には答えることができる。その日の天気や映画情報、スポーツの試合速報や株価の変動などはiPhoneに頼らなくても回答できる。

Siriを活用すれば「Apple Watch」もデキる子

個人的にはSiriをほとんど使わないため、今回紹介した機能の大半は把握していても活用する機会がほとんど無いかもしれないが、「Apple Watch」はiPhoneが無くてもWi-Fiネットワークにさえ接続していれば色々とできることがよく分かった。

行きつけの無線LAN提供カフェに行った際に、万が一iPhoneを自宅に忘れてきてしまった場合は上記にある機能をフル活用してどうにか凄そう!


(via iDownload Blog

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  2. 15インチ型「MacBook Pro」の動画編集性能を2016/2015モデルで比較ーーFinal CutとPremiere Pro
  3. 【レビュー】実際どう?超短焦点プロジェクター「LSPX-P1」が彩る自宅の白壁(2/3)【Sponsored by Sony】
  4. 【サイバーマンデー】Amazon年内最後のビッグセール4日目の特選品
  5. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!