Apple、各種SNSと連携してオススメスポットをリコメンドするサービス「Spotsetter」を買収

Apple buying spotsetter
Appleは先日Beatsの買収を正式発表したばかりだが、TechCrunchによると、ソーシャル情報を元にオススメスポットをリコメンドするサービス「Spotsetter」を買収したと報じている!


具体的な買収額などは明らかにされていないが、「投資家は喜んでいる」と伝えられていることから、期待以上の額だった可能性は高い。

Spotsetterの持つ技術をApple純正地図アプリに反映か?

次々と買収を続けるAppleだが、位置情報関連サービスであることから、Spotsetterの技術やノウハウはAppleの純正地図アプリに取り入れられると考えるのが妥当だろう。

Spotsetterはソーシャルネットワーク情報を元にユーザーに対してお店や施設をリコメンドするアプリ。ユーザーが登録したTwitter、Facbook、Foursquare、Instagram情報を元にYelp、Trip Advisor、Zagatの持つ情報と照らし合わせ、最適な場所を勧める仕組み。

Apple buying spotsetter
昨年末時点ではSpotsetterのユーザー数は500万人以上。Appleは昨年12月にはリアルタイム検索サービスを提供する「Topsy Labs」を2億ドルで買収しているが、これらの企業が持つテクノロジーを組み合わせて地図アプリの強化を図ると予想される。

(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. Apple、「iPhone 6」のバッテリー交換プログラムを準備している可能性
  2. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に
  3. さようなら「Vine」、ようこそ「Vineカメラ」
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【レビュー】「LG 5K UltraFine Display」は「MacBook Pro (Late 2016)」との相性抜群!「5K」は偉大だった