Apple・Amazon・Google・Zigbee、スマートホームデバイスに関する審議会を立ち上げ

スマートホーム製品向けにロイヤルティーフリーの通信規格を策定する審議会を結成

Hero homepod lockup

Apple、AmazonGoogle、Zigbeeアライアンスは12月18日、スマートホーム製品向けにロイヤルティーフリーの通信規格を策定する審議会「Project Connected Home over IP」を結成したことを発表した。新しい、オープンソースの統一接続プロトコルの開発と導入を目指す。

ZigbeeアライアンスにはIKEA、IKEA、Legrand、NXP Semiconductors、Resideo、Samsung SmartThings、Schneider Electric、Signify (formerly Philips Lighting)、Silicon Labs、Somfy、Wulianなどが含まれ、新組織に参加する。

スマートホームデバイスはセキュアかつ信頼性でき、シームレスに利用できるべきであるという思想が共有され、ユーザーにとって互換性のある製品を増やし、メーカーにとって開発の簡略化を目的として結成されたとのこと。

現状、Alexa、Googleアシスタント、Siriとそれぞれのプラットフォームで利用できるスマートホームデバイスがバラバラ。メーカーとしても各AIアシスタントの仕様にあわせる必要があり、ユーザーとしても特定のプラットフォームに対応した製品を使い始めると、別のプラットフォームに移ることができなくなるなど、互換性の問題に度々遭遇する。

今回最も恩恵を受けるのはAppleかもしれない。HomeKit製品はセキュリティ面において非常に優れているものの対応製品は限られ、少なくとも国内では入手できる製品はApple公式サイト以外では非常に少ない。

今後はiPhoneでもAndroidスマートフォンでも、Echoスピーカーからでも操作できるスマートホームデバイスが増えると期待したい。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索