「Prott」のAndroidアプリがついにリリース!Material Designを使用したワイヤーフレームが作成可能に

Prott for Android
今時、「洗練されたデザインを採用しているのはiOSアプリだけだ」と思っていたら大間違いだ。最近は「Material Design UI」が採用されたアプリが増えているお陰でAndroidアプリもデザインがシンプルに、動きが滑らかになり、確実に進化している。

良いアプリを作るためには良いツールが必要。iOSアプリを作るためには実際に動作するアプリを作ることができる「Prott」が物凄くオススメだ。


残念ながら先日紹介した時点では「Prott」はiOSアプリのみ対応。Androidアプリはまだ用意されていなかったが、先日、ついに「Prott」のAndroidアプリがリリースされた!利用できる機能を簡単に紹介する!

Google play Prott – 高速プロトタイピングツール
Prott - 高速プロトタイピングツール
制作: Goodpatch Inc.
評価: 4.5 / 5段階中
価格: 無料 (2015/6/27 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

手書きで書いた画面が動くプロトタイプに変わる衝撃

先日書いた記事ではワイヤーフレーム機能を中心に紹介したが、ワイヤーフレームが提供される以前は手書きで書いた画面イメージをアプリで取り込み、ボタンなどにリンク先やタップ時のアニメーションなどを指定することが可能。



完成すると、先ほどまでただの手書きメモだったはずの画面が実際のアプリのように動く。画面内の特定の箇所に対してコメントを残すことも可能だ。チームワークにおいて欠かせないコミュニケーションも取りやすい仕組みがサービス内に用意されているのは素晴らしい。



これらの操作をまとめた動画が公開されていたので、参考にどうぞ!



「Material Design UI」のコンポーネントを利用してワイヤーフレームを簡単に作成

Wireframe2
描いた画面を取り込み、それを動くプロトタイプとして使えるのは素晴らしいが、やはり「Prott」の最大の魅力は「ワイヤーフレーム機能」で間違いないだろう。

「Material Design UI」のコンポーネントが用意されているので、Googleが推奨する最適なデザイン・ランゲージで動きのあるプロトタイプをドラッグ・アンド・ドロップで作ることができるのだ。これを活用すれば社内プレゼンのためにわざわざパワーポイントのアニメーションを使って何時間も掛けてアプリの動作イメージが分かる資料を作る必要はなくなる。

iOS版同様にワイヤーフレーム機能は有料プラン限定となっているが、アプリ開発をするディレクターやデザイナーであれば確実に活用した方が良いだろう。料金プランなどの詳細についてはこちらからどうぞ

世界121カ国で使用されている「Prott」は国内大手企業から大学・専門学校を含む、実績のあるプロトタイピングツール。現在のユーザー数は27,000人以上。今回Androidアプリがリリースされたことによってさらに多くのユーザーに使われるはず!

アプリを作り始めてから仕様がコロコロ変わるのは誰も幸せにならない。関わるメンバーが全員完成イメージを共有できるツール、それが「Prott」。気になる人はダウンロードして試してみるべし!

Google play Prott – 高速プロトタイピングツール
Prott - 高速プロトタイピングツール
制作: Goodpatch Inc.
評価: 4.5 / 5段階中
価格: 無料 (2015/6/27 時点)
posted by: AndroidHTML v3.1

オススメ

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【大悲報】2017年のiPhone、「iPhone 7s」と「iPhone 7s Plus」に?!
  2. 僕が遭遇した15インチ型「MacBook Pro (Late 2016)」の不具合まとめ
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 「MacBook Pro (Late 2016)」専用のUSB-Cハブ「HyperDrive」が登場
  5. 精算不要の「Amazon Go」、登場!万引きにしか見えない最先端スーパー