「iOS 7」、視差効果を利用して壁紙とアプリアイコンの間に奥行き感を演出!

Parallax effect
細かすぎて伝わらない「iOS 7」の隠れたこだわりポイント。

先ほど「iOS 7」の時計アプリアイコンが実際の時間と連動することを紹介したが、毎日目にするホーム画面にもちょっとした視覚効果が施されていた!

WWDCの発表でも言及していたが、「iOS 7」は視差効果を利用して壁紙とアプリアイコンの間に奥行き感を演出している

モーションセンサーを利用して奥行き感を演出

仕組みとしてはiOS 6で発覚した光の反射と同じ。モーションセンサーを利用してParallax Effect(視差効果)を演出し、奥行き感を出しているようだ。これによってデバイスを持つ向きに応じて画面内の要素を調整するようだ。細かい…。



ただ、これは人によっては嫌がるかもしれない3D効果がかえって見辛いという人がいるのではないだろうか。

正直なところ、僕自身もあまりこの3D風演出には賛成ではない。実際に使ってみなければ分からないが、気持ち悪くならない程度であることを祈る…。

【これだけ読んでおけばOK!】「iOS 7」が正式発表!使い勝手を大幅に向上してくれる注目すべき新機能まとめておく! | gori.me

【これだけ読んでおけばOK!】「OS X Mavericks」が正式に発表!Finderのタブ化やタグ付けなど、最新Mac OSの注目機能10個をまとめておく! | gori.me

【これだけ読んでおけばOK!】フル充電で12時間使える、Haswell搭載の新型MacBook Airが発表!過去モデルとスペックを比較してみた! | gori.me

(via iPhoneHacks

もっと読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトムービーが公開ーー5.8インチ型の曲面有機ELディスプレイ搭載、ワイヤレス充電対応
  2. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  3. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法
  4. 次期iPhone、防水性能が「iPhone 7」よりもさらに強化されIP68等級に?!
  5. バックアップ必須!新しいiPhoneに機種変更する前にやるべきことまとめ